RSS

月別アーカイブ: 4月 2010

大人のおもちゃ”iPad”

ゴールデンウィークも仕事の私には丁度いい息抜きになりそうなアイテムが届いた。
マックのヘビーユーザーの知り合いが、「絶対に良いから」っと半ば押し付けでアメリカから買ってきたiPad。
実際に使ってみると期待していた以上に結構面白かった。
 
起動時に絵で"ケーブルでiTuneのインストールされたコンピュータと接続"みたいな表示をしたので、PCに接続してみると勝手にいろんなチェックをこっそりした後(推測)日本語で起動。
 
「凄い、賢いなコイツ」
 
でも、中身はどうかな~?
なんて思いつつ操作してみると"サク、サク"動く!
あまりにレスポンスが良いので、操作しているだけで1時間も遊んでしまった・・・
 
「いかん、仕事をしなくては!!」
 
また時間に余裕ができたら操作して遊ぼう。
マック教の信者に感謝、感謝。
※代金、$の時価で払ったけど、、、チョト色を付けた方がよかったかな・・・
 まぁ、なんか"まいど"とか言ってたし、
 布教活動の一環に付き合ったのだからいいよね。
 今度なんか美味しいものでもおごってあげることにしよう。
 
 
コメントする

投稿者: : 2010年4月29日 投稿先 日常

 

ゴールデンウィークも仕事

立体視は最初簡単そうに思えるのだが、飛び出し具合のチューニング等を指定されると、途端に手間が掛かる。
 
「まっ、チョットだけ」、たけどね。
 
特に立体視のパネル実機がないと、飛び出具合の見当を付けられないのでチューニングは困難になる。
先月は裸眼液晶の無い状態だったので、3D Visionによって立体感をチューニングしたものをデータをコンバートし、メーカー側で裸眼液晶による確認をしてもらっていたのだが。
なかなか上手くいかなかった。。。
 
飛び出し過ぎて焦点合わせが辛い「とても目が疲れる」といわれてしまった。。。
※今は裸眼液晶を借り受けているので2つのパターンを作成することはない。
 
どうやら「裸眼タイプは、液晶シャッタータイプに比べて"飛び出し過ぎる"」らしい。
 
また、裸眼液晶タイプはインチが変わると、液晶に貼られている視差用フィルムの物理的な精度等の違いから、飛び出し具合が変わってきてしまう・・・
10.6で作成したものは、4インチ等で飛び出し過ぎたりするのだ。
 
調整「ムズイ」ぞ。
 
とはいえ、
制作もいくつかこなし、効率的な作成スタイルも確立しつつある。
今のワークフローは、専用カメラリグをセットアップし、モデルとアニメーションを作成。その後にLRパスをセッティングし、レンダリングをおこなう。
立体視をチューニングするためのレンダリングチェックはハードウェアレンダリングで処理し、調整が完了した時点でレイトレースによるファイナルレンダリングをおこなう。
 
・・・といった感じ。
 
★現在はハルナの着せ替えムービーを制作中
3D Visionでの画像チェック用動画のショット。
 
裸眼3D液晶での確認用動画のショット。
※実際の画像は縦インターレスタイプの画像。
 この画像は縮小しているためインターレスが潰れています。
 
 
コメントする

投稿者: : 2010年4月29日 投稿先 コンピュータグラフィックス

 

痛い

一週間前から胸が痛い。
 
痛みは筋肉痛のような痛みで、心臓の辺り、体の内側が痛む。
痛みじたいはそれほどでもなかったのだか、
今日は背中周りまでが酷く痛み、息をするだけで痛んで苦しい・・・
 
しかも、その状況から変なところに力を掛けてしまっているのか首筋も痛くなってきた。
デスクワークは何とか耐えられるが、動くと凄く痛い。
 
こういった痛みが病気なのか、なんなのかが、、、わからない。
しかも今日は金曜、酷くなったら病院に行こうと思っていたのだが。
このままだとすぐに土日だな、下手すりゃゴールデンウィークか、、、
※休みは初心外来、やっないだろうな。
 
くそーっ、仕事もあるのに。
困ったな。
 
 
コメントする

投稿者: : 2010年4月23日 投稿先 日常

 

「平崎ハルナ 」復活編

もろもろと女性モデルの使用用途が発生したため「平崎ハルナ」を完全復活させることにした。
 
今迄も頭部のみを使用したりしていたので全く使用していなかったわけではないが、
流用していただけで手を入れてはいなかった。
今回は少し手を加えて仕上げてみようと思っている。
 
「そお、このインストールしたばかりのSOFTIMAGE バージョン2011で!」
 
・・・っと、思っていた矢先、レンダーマップ機能せず。
 
「はぁ?」
 
いつもの事なので、もお驚きもしないし、凹みもしない。
しょうがないのでバージョン2010で処理。
 
だけど部分的に2010ってのも面倒だなぁ、、、
でも仕事の1つは2011を絶対に使用しなけりゃならないし。
 
「困ったな」
 
 

SOFTIMAGE 2011 ROM届く(昨日)

今回は、すっごく速かったな。
昨日の昼に届いた。
 
これでプロダクトID、シリアルNoがわかる。
ライセンスリクエストしよう。
 
・・・
そおいえば、
いまだにWebページでのライセンスリクエストしかできないんだよなぁ。
SI本体からのアクティベーションが一切できない・・・
 
「無効なシリアルナンバー」みたいなこといってくれちゃってさ
 
なんかイライラする。
昔からのユーザーにたいして、ちょっと扱いの悪さを感じる。
SI自体、オートデスクのトップページのメニューに存在しないし・・・
MaxとMayaだけ、、、
SIは全製品のリストを表示させると膨大な商品リストの中に埋もれてやっと表れる。
 
「こんな扱いならになるなら・・・」
 
って、思っちゃうね。
実際問題、アクティベーションだって買収される前はSI本体で一瞬で終わって便利だったし、
Web検索でだって簡単にAVIDのSIサイトにたどり着けた。。。
 
なんだかミジメだ、何故だか敗北感すらする。
 
 
 
コメントする

投稿者: : 2010年4月18日 投稿先 コンピュータグラフィックス

 

SOFTIMAGE 2011入手

昨日サブスクリプションのサイトにアクセスしようとしたらNG、、、
おかしいなぁ、と思い今日の早朝(といっも2~3時)にアクセスするとSOFTIMAGE 2011がダウンロード可能となっていた。
 
早速ダウンロード、
 
・・・
 
PCが、まだ作業途中・・・
んーん、もう少し待つか。
 
ほんとなら32時間寝ていないので寝たいのだが、限界を超えている(ここ10日ほど断続的に)ので眠くない。。。
おそらく、あと3時間~5時間で意識を失うように爆睡すると思う。
前回はコンピュータ室の床でねてて、ぜんぜん回は2階の階段前の床で寝ていた・・・
今回はどこで寝ることになるのだろう?
 
「また床。かなぁ~」
 
はやくSOFTIMAGE 2011のリップシンクを試してみたい!
・・・それにしても今回搭載のリップシンク、メニューをチョットみただけだけだから判断付かないけど、以前にDemo版を使用したVoice-O-Maticのインターフェースに似ている。
もしや?
まぁ、使ってみれば分かるか。
 
「はやく使ってみたい!!」
 
 
 
コメントする

投稿者: : 2010年4月16日 投稿先 コンピュータグラフィックス

 

70インチ裸眼3Dディスプレイ

ニューサイト社が8視差バリア方式を採用した世界最大級の70インチ裸眼3Dディスプレイを開発した。
 
「8視差!!」
 
おいおい、非現実的すぎるでしょ。
 
実写撮影でもカメラ8台が必要だし、3DCGにしたって1フレームに8枚画像を作らなきゃならない。
まぁ、広告用のディスプレイとして限定的に使われるんだろうけど、、、
それにしても裸眼3Dで視野角120度は凄いな、くわえて裸眼3Dの問題点、見る位置を移動させるとインターレスのラインに沿ってブラインド上にムラが走る現象も無くしているらしい。
8視差のおかげなのだろうけど。
 
「8視差じゃ・・・、ねぇ」
 
それに値段も問題、5視差の65インチで300万円以上、、、
8視差70インチだときっと400万とかいくんだろーなぁ。
 
「買えるわけねぇ」
 
ちなみに今、このPCマシンを除く2台のワークステーションで立体視動画をレンダリング中・・・
もちろん"2視差"です!!
 
このフロアのブレーカー大丈夫かなぁ、PC3台=750ワット電源+1000ワット電源+1000ワット電源。
※我が家は3階建てで、ブレーカーが各階のフロア単位で付いています。
 
「こわっ」
 
でも今日は季節はずれに寒いはずなのだが、PCのあるコンピューター室はエアコンOFFの状態で30度を記録している。
この部屋吹き抜けあるのに、凄いぞ"PC暖房"!!
 
 
コメントする

投稿者: : 2010年4月15日 投稿先 コンピュータグラフィックス