RSS

月別アーカイブ: 5月 2010

ハルナのフェイシャル

 
とりあえず、セットアップ。
 
この手のセットアップは、かなり慣れてきたな。
以前は模索しながらの作業だったから、戸惑いや迷い、考え違いや勘違いなどからミスも含めた遅延が発生していた。
 
「かなりフォーマットが固まってきた感じ」
 
でも、まだまだ改良の余地が満載な気も・・・
これをベースにもう少しアップグレードを検討してみよう。
 
コメントする

投稿者: : 2010年5月28日 投稿先 コンピュータグラフィックス

 

iPadを一ヶ月使ってみた感想

まさにライフスタイルを変えるツール。
今までも存在した既存のテクノロジーを使いやすいよう上手くまとめた完成度の高い製品。
便利なツールやゲームは豊富なAppsの中からダウンロードし直ぐに使用できるし、
バージョンアップがあった場合も、ちやんと告知してくれる(もちろんアップデートもワンタッチで完了)。
 
しかも、販売されているAppsの価格が安い。
ほとんどのソフトが115~600円前後の価格帯で購入可能で、高い物でも2000~3000円といったところ。
ジャンルも豊富でたいていのものは手に入る。
逆にこんな物まであったのか、っと驚かされるものも多く存在する。
 
日本の製品のように製造企業が機能を押し付けるような端末と違い、
「いいAppsなら企業だろうと個人だろうと関係ない」というオープンな設計が、
最終的に使いやすさとユーザーニーズの観点から的を獲た製品。
守りに入った攻めの姿勢がない今の日本企業には、とてもマネのできないものだと痛感。
現状この分野において日本製品は全く勝ち目がない。
 
お気に入りツール
■Air Video 350
自宅のPC内にある動画を、ネットを通して再生するツール。
PCで扱っている主要なフォーマットの大半が再生可能で、他のソフトに比べ高画質なのが特徴。
再生方式には通常のプレイ(MP4等)の他にライブコンバージョンとコンバートがあり、
あらかじめPC側でコンバート、リアルタイムコンバートをおこない、結果を通信し再生をする方式がある。
ただしPCを遠隔起動するわけではないので、PCの電源は入れておく必要がある。
※3G接続での再生はNG。
 たとえ使い放題の契約をしていてもパケット通信が尋常ではないので、一月に3~4時間使用しただけで
 ソフトバンクからマークされ通信制限の対象となる可能性がある。
 現状ソフトバンクのインフラでは大量の利用者を同時にさばくことが困難なものと推測される。
 また、そもそも通信速度が足らないので、再生時には画質を落とさなければならない。
 WiFiスポット、iホットスポット等のWiFiのサービスの利用が好ましい。
 
■お絵かき関係 115~800
それなりに使える。
ただし、現状 使い勝手はタブレットとは比較にならない・・・NG。
スケッチブック代わりに、っと考えていた人には少しガッカリな結果だったが、
今後のAppsの完成度しだいでは使い勝手が好転する可能性は大いにある、期待したい。
 
■ゲーム 115~1200
Real Racing HD 1200
 
ブラザーインアームズ2 900
 
性能はプレイステーション1.6(PS1とPS2の中間、それでも少しだけ2寄りなかんじ)
この価格帯のネットPCでこれほどの処理能力を持っているのはたいしたもの。
まさにカスタムチップの勝利。
PCのような単なるパーツの組み合わせでは、絶対に不可能な領域だと感じた。
 
 
今後はPCとの連携も含めてプレゼンテーションツールとしても活用していきたいと考えている。
 
 
コメントする

投稿者: : 2010年5月27日 投稿先 日常

 

顔の調整(3D LR視差画像)

iPadで遊んでばかりしていてはいけない、っと思い、仕事終わりのハルナを調整。
灰汁(アク)の強い部分を少しだけマイルドにしてみた。
 
がっ、"クラッシュ!!"
 
いいかげん直して欲しいな、このバグ。
エンベロープモデルが表示的にクラッシュしているだけで、データとしては問題ないのだが、
ボーンアニメーションにも対応してクラッシュし続けるのでウザイ。
状態を元に戻すには頂点やオブジェクトを動かしたりするしかない。
頻繁におこることもあるので、とっとと直して欲しい。
 
オートデスクに買収されて以降のバグなので、
「オートデスク クラッシュ」
と個人的に命名している。
 
 
コメントする

投稿者: : 2010年5月25日 投稿先 コンピュータグラフィックス

 

RDPを試す

あまりにも使用に耐えないVCN、今度はWindowsの機能であるリモートデスクトップを試してみた。
 
レスポンスがVCNに比べ速く、描画のレスポンスも比較にならないほど高速だった。
とはいえリモコン、やはり忍耐はある程度必要。
ただ、RDPが実用レベルなっていたのには驚いた。・・・マジで使えるかも。
 
RDPでは、なんとかSoftimageを操作できるレスポンスだった。
面白かったのは、ギガポリコン領域のヘビーな描画になるとリモコンしているPC自体の描画が遅いので、PCとiPadはほぼ同一のフレームレートとなったこと(笑)。
動画再生も1.5~3FPS程度出ている感じで、耐えればなんとか観られる感じ。
 
今のところPCのリモコンに関してはRDPがベスト。
※Youtubeで見たところVCNのレスポンスの悪さはMac相手でも同レベル、iPhoneやiPadでリモコンするならPCとのRDPが一番 相性よさそうだ。
 
 
 

iPadいじり

GPSのチェック、ちゃんと機能している。コンパスも問題なし。
iPhoneと誤差がないかみてみたら、全く同じ。・・・あたりまえか。
 
ついでにVCNのPCのリモコン動作もチェックした。
これで忍耐力さえあれば、PCをコントロールできる。
3Gでは遅くて辛いけど・・・
 
「 iPad+iPhone+PC 」
 
現状 "最強面白セッティング(かな)"
実用性のゼロ馬鹿仕様だけど。
 
 
 

WiFiのiPadに3GSの魔法を掛けましょう

魔法を掛けるためにiPhoneを用意する。
今回はビックカメラで調達することにした。
 
iPadもそうだったが、相変わらずのシンプルさ。
紙のマニュアルも重要だと思うのだが・・・
もちろんお約束のiPhoneケースもゲットした。
 
 
半日掛りで魔法を掛けると・・・・・・・
あら不思議、3Gの無いiPadが3GSになってしまいました。
これでiPhoneさえ近くにいれば いつでも、どこでもネットができます。
 
 
最初は「できるでしょ」っと大雑把に見越してiPhoneを買ってしまったが、実際にはiPadとは何の連携もできないことが判明。
結局半日掛りでかなりディープな領域までイジッテしまったな。
 
「でも、ほんと通信できてよかったぁ」
 
 
 

一休み

仕事が合間に自宅屋上で一休み、、、
日が長くなってきたなぁ、18時30でもまだ明るい。
 
「・・・・・」
 
ってか、このままだと、すぐ夏くるじゃん。
「時間の流れの速さについていけない」
 
まっいいか、考えるのめんどくさい。
夕日でもまったり眺めていよう。
 
 
コメントする

投稿者: : 2010年5月12日 投稿先 日常