RSS

月別アーカイブ: 9月 2010

Softimageのヘアー (その2)

Softimage-Hair test 2

Softimage-Hair test 2

なんか上手く扱えないヘアー。
 
なんといっても辛いのが、仕上がりの状態確認をシャドウONのライティングで確認しないといけない点(髪色にもよる)。
何故かというと、シャドウをオンにしないと髪の干渉具合が判断できないのた。
しかもそのレンダリングが遅い・・・
 
また、影の描画の方式にも注意がいる、シャドウマップとエリアライトでは髪のコントラストが別物なのだ(髪色にもよる?)。
“影のコントラストのみ”なら分かるが、「マテリアル設定が違うの?」っと思うほどイメージが異なる・
 
「困ったものだ」
 
21世紀になってもう来年10年目となる、いまだCGはたいして進歩していない感じがする。
PC等のマシンだって、コア数は増えたけどCPUの動作クロックはいまだ3GHzチョット、、、
ソフトもハードも頭打ち、何とかならないものか。。。
 
 
コメントする

投稿者: : 2010年9月25日 投稿先 コンピュータグラフィックス

 

モデリング用マシンにメモリーを増設・・・しようと思う

最近はCG制作時のテクスチャーの解像度が高く、Photoshop等を使用していると
メモリー消費が5ギガ前後に達するのは当たり前の時代となっている。
 
ところが、私のモデリング用のマシンには8ギガしか搭載していない。
つまりSoftimage等に割り当てられるメモリー配分がほとんど無いのだ。
 
そろそろ増設しなくては・・・
 
でもワークステーション用のECCだから高いんだよね。
軽く4ギガ増設で5万円オーバー
一昔前からすれば破格なのだが、現在のデフレ感満載の市場においては高額な方に
に分類される。
 
今直ぐ必要ってこともないけれど、、、今後のために購入しておこう。
勇気をだして"クリック(DellのHP)"だ。
 
 
コメントする

投稿者: : 2010年9月21日 投稿先 コンピュータグラフィックス

 

Softimageのヘアー

Softimage-Hair test

Softimage-Hair test

最近全く使用していなかったヘアー。
久々に使用してみるとソコソコ使えることがわかった。
 
ただし、、、レンダリングがね・・・
もっと軽くならないものだろうか。。。
 
ライティングはシャドウマップを使用しないと使い物にならない感じだし、
レンダリング関係が災いしているのか、Softimage本体も不安定になりがちとなる。
 
“ヘアー&ディスプレイスメントマッピング”、これ最強。
 
作業中に落ちる確立は通常の+60%増しぐらいかな。
メンタルレイ単体のダウンもけっこうあるし、
レンダリングで結果を見ながらマテリアル調整しているのに、レンダラー落ちてどないすんねん?
 
最近レンダラー関係ではリアルタイムレンダリングが流行っている。
メンタルレイはいつ対応するのだろう?
 
しないのかな、、、
 
いや、やんなきゃ駄目でしょう。
本気でこの業界を生き残る気があるのであれば。。。
 
GPUでヘアーをレンダリングしたら計算速いだろうな。
“夢”だな。
 
 
コメントする

投稿者: : 2010年9月11日 投稿先 コンピュータグラフィックス