RSS

月別アーカイブ: 12月 2010

PCを組むために購入したもの&Kinect

前後してしまったが、今回のPC不調によるゴタゴタで購入した物をまとめてみた。

本体組み換え最小セット

本体組み換え最小セット

アマゾンで購入したパーツ関係とOS。
左下の赤箱はCPUクーラー、、、やはりデカイな。Windows7はどのタイミングで入れようかな、、、HDDもOSもまんま生きているので現状そのまま使える。
でも7のインストールはクリーンインストールだからなぁ。初期化されるぐらいなら、そのままでいい気もする。OSがクラッシュしたら、その時にでも作業することにしようかな。

CPUとメモリー

CPUとメモリー

今回も自作PCはAMDなった。コスパ高いからね・・・
自作という行為自体、安く自分好みのマシン(私の好みは”高性能”)を組もうという行為だから。
私の場合は必然的にAMDとなる。今回のチョイスはPhenomII X6 1100T BE 3.3GHz、6コアでターボ時には3.7GHzという仕様。
メモリーはCORSAIR DOMINATOR-GT のDDR3 1866MHz 4GB(2GBx2枚) 240pin DIMM Unbuffered を選択した。
マザーボードはASRock 890FX Deluxe4を購入した。

GTX480カード

GTX480カード

グラボも拡張し”MSI N480GTX Twin Frozr II”を購入。
当初は買うつもりではなかったが、GTX580の登場によりグット値下がりしていたので購入してみた。
ついでにSATA電源2口からPCI-E電源6Pinへ変換できるケーブルも入手。

マイクロソフト Xbox 360 Kinect センサー

マイクロソフト Xbox 360 Kinect センサー

Modによりモーションキャプチャーが手軽にできる、と話題のKinectも実験的に購入してみた。
実際に試してみたが、面白いようにキャプチャーすることができた。
ただし、まだキャプチャーデータとしての出力をおこなえるかどうかチェックをしていないので実用的か否かはなんともいえない・・・

広告
 
 

組んだPCをオーバークロック

AMD PhenomII X6 1100T BE OC

AMD PhenomII X6 1100T BE オーバークロック


AMD PhenomII X6 1100T BE を簡単にオーバークロックしてみた。
サラリと4.02GHzをクリア、実際には4.1~4.2GHz(倍率20.5~21)までクロックアップを試みたが、たまにOSが青落ちをするので安全策をとり201MHzの倍率20に留めた。
ここまで上げるとさすがに温度が心配になるが、設置に苦労させられるほどの馬鹿デカイCPUクーラーを取り付けているおかげで程々に収まっている。今回はOC向けメモリーを購入しているのでメモリーにも付属でツインファンのクーラーが同梱されていた。もちろん搭載したのだが、CPUクーラーが巨大であったため、通常の設置ポジションにはメモリー用のクーラーが収まらず、苦労させられた。最終的にはかなり綺麗な仕上がりになったので満足している。
マザーボードもメモリーも1866MHzまで対応しているので、また機会があればベース値もオーバークロックしてみたいと思う。

 
コメントする

投稿者: : 2010年12月24日 投稿先 コンピュータとインターネット

 

ネット&3D Vision用PCが故障

何の前触れも無く突然グラボが認識しなくなり、PCの画面が表示されなくなってしまった。

いろいろと試してはみたのだがPCI Expはカードを認識してくれず、あっという間に師走の貴重な半日を無駄にしてしまった。やむを得ずマシンを解体し、使えるパーツを使用してマシンを組むことにした。とはいえ、マシンはPCI Expが壊れてはいるが、もともとオンボードでNvidiaのグラフィクスチップが搭載されているので(ヘボイが…)押入れの中にあるジャンクパーツでリビングのインターネット端末にすることにした。…まぁ、ボロだが愛着もあるし。

新たにマシンを組むために必要なパーツを洗い出し、アマゾンでネット購入をした。
朝に注文をして、今日中に届くらしい。

いつもなら価格COMなどで価格の安いショップを探して購入するのがベストだと考えるのだが(私はいつもそう考えていた)、実際はショップの扱っている商品に偏りがあったり、安い物を複数のショップから買おうとすると送料(ショップによってはカードが使えず代引きのみで、送料以外に代引き手数料がかかる)等で代金がかさんでしまい反って高額になってしまうことがわかった。しかも在庫にも偏りがあるため、納期が3~7日とか、お取り寄せ、最悪は入庫未定等といった場合もある。

「CPUとマザボはあるが、メモリー無いから組めん・・・」、ありえない。

上記のような状況から8時間ネットを徘徊し悩んだあげく、最終的にアマゾンがパーツが豊富で一括で注文でき、そのうえ価格COMで調べた底値と大差がないことが判明(驚いた)、一括購入に踏み切った。

◆購入した物
・AMD PhenomII X6 1100T BE 3.3GHz 6-CORE
・大型CPUクーラー
・シルバーグリス
・シリコングリス用ヘラ
・メモリーDDR3 1866MHz 4GB(2GBx2枚) 240pin DIMM Unbuffered
・マザーボード 890FX Deluxe4
・Windows 7 Ultimate アップグレード

今回はオマケでOSをWindows VistaからWindows7にアップグレード>
チョット怖いが “7” を初導入してみることにした。
それにしても、まさかPCを組むためのパーツをアマゾンで買う時代がきていたとは、
知らなかった、新発見だ(個人的に)。

 
 

Project SPECTER7 -79-

blog_2010-12-07

GUYのマテリアルチューン

GUYのマテリアルをチューニング。
ついでにポリゴン面もきになる箇所があったので微調整、形状も見直しもしてみた。

 
コメントする

投稿者: : 2010年12月7日 投稿先 コンピュータグラフィックス