RSS

月別アーカイブ: 4月 2011

VIERA VT3 42型を購入

VIERA_VT3_01

先月に3Dのモニター用に3DTVを購入。
意外に大きい・・・、42型ってこんなに大きかったけか?。

2人で運び、2人で設置せよ、、、と表記されている。

とはいっても、本体とスタンドを加算してトータルで32kg程度。
たいした重さではないので一人でさっさと設置をしてみた。

VIERA_VT3_02

うわーデカイ。
最小のプラズマを購入したのだが、やはり42型は大きい。

・・・、

設置をして2週間を過ぎたころ、購入特典のブルーレイソフトが届く。

VIERA_VT3_03

3枚セットです。
でもまだ3D映像は見られません、、、”3Dグラス(めがね)”が無いからね・・・。

・・・、

購入して23日後、またまた購入特典の3Dグラス+HDDのセットが届く。

VIERA_VT3_04

過剰包装だね、・・・でも、小口で発送となると内側の箱が弱々しいか。

VIERA_VT3_05

3DグラスがサイズMとサイズSで2個、500GBのHDDが一台入ってます。

「太っ腹だなぁ、パナソニック」

これでやっと3Dで映像が見られます。
PCにてブルーレイ(WinDVD)、PCゲーム関係(Nvidia 3DTV Play)の立体表示を確認。画質的には非常に黒が締まっていて良い感じ、もうパイオニアのKURO以上の画質に到達している。
PCとの相性も悪くない感じだ。

広告
 
コメントする

投稿者: : 2011年4月21日 投稿先 エンターテイメント, 日常

 

Autodesk 2012 バージョン 体験版

Autodesk2012

Autodesk2012

2012 バージョンの体験版がダウンロードできるようになった。

3DS MaxもMayaも3D Visionに完全対応ですか・・・。
使用感は、Mayaがアクティブに切り替えた瞬間がおかしいくらいで、使っていると問題は感じないレベルの完成度(旧バージョンと変わり無し)。3DS Maxは久々に触ったのだが何じゃこりゃの世界・・・。
まずソフトの起動時にアクティブに勝手に切り替わり、パースビューが3Dカメラをセットした訳でもないのにデフォルトで立体視となっている。「おぉ!」凄いと思っていたのが、、、3D Max終了後もエミッターがアクティブなまま切られることがなく、Maya等のソフト起動時に立体視を使用できなくなる現象が・・・。

「お粗末・・・」

とはいえ、3DS MaxとMayaにはQuadroカードの有利性(3D Visionで特定のウィンドウやビューのみを立体視できる機能)を十分に活かすことができる立体視の環境が整っている。

Softimage・・・、どうしたものか。
Mayaにでも乗り換えしようかな、正直今回のSIに関するバージョンアップにはがっかりさせられた。
もちろん立体視以外の機能にも着目すべきものはある、、、だが、今は”立体視”に対応することが映像、ゲーム業界にとって最重要項目なのは周知なこと。以前から少し感じていたことなのだが、SIはトレンドとは少々ズレを生じている気がする。先進的なものもあるし、足らなかった物も最終的には良い物を用意してくれるのだが、、、やはりトレンドだけは最低限踏まえて欲しい。

「Softimage、、、」

んまぁ、半年ぐらいなら我慢してもいいかな。でも、1年は・・・無理だな。

 

タグ: , , , , , ,

Softimage 2012が届く

Softimage 2012が午前中に届いた

Softimage 2012が午前中に届いた

最新版となるSoftimage 2012が届いた。

既にSoftimage 2011 SAP(Ver.2011.5)を使用している人間にとってはこれといって新しさのインパクトは感じない。
しかも最大の改善ポイントとして期待していた、立体視表示関連のアクティブシャッターへの対応がなされていなかった(SI 2011SAPのまんま…)。

「残念だ」

3DSMAXもMayaも対応しているのに、何故にSIだけが・・・
アナグリフで制作なんて考えられない、どうしたらいいのだろう。

SI2012にモンモンとしつつ、気分転換に外出をした。

さくら

近所のモリタウン周辺へ行くと、桜が満開。
地面では強風で花びらが竜巻状に渦を巻いている。

「春だねぇ」

んが、いつもとは違う風景が・・・

節電

とても営業しているようには見えない、、、
(2階の店舗に上がってみると、ちゃんと営業していた)

今の電力状況、来年には状況改善されているのだろうか?
それには、まず東電が復旧しつつ、新しい電力の供給プランを確立しなければならないが・・・

今の状況では、来年でも無理かもしれない。

 

タグ: , , , ,