RSS

月別アーカイブ: 9月 2013

V-Ray(Demo版) for Softimage を久々に使ってみた

2013-09-30

最近3ds Max版のV-Rayばかり使用しているのでSoftimage版は久しぶり。

今回は以前あまり使用していなかったディスプレイスメントを使ってみることにした。
仕事で役立てる意味も踏まえ、今あるディスプレイスメントを使用したメンタルレイのシーンデータをV-Ray版に変換してみることにした。

他の外部レンダラーと同様にV-Rayの場合も独自のプロパティーをモデルに適用してディスプレイスメントのセットアップをおこなっていく。
ディスプレイスメントのパラメータは標準であるメンタルレイの仕様と若干違いはあるものの問題なく設定できる。

だが、やはりレンダーツリーでの扱いがクセもの。
以前も記したがアーノルド坊や同様、ビューやサムネイル表示がきかない。かろうじてマテリアルの最終出力のみ可能となっているが、これでは非常に扱いにくい。
そのため私はカラコレ等をおこなう場合はシーンオプションを展開したままにしておき、状況に応じてシーンレンダラをメンタルレイに切り替えて使用している(画像右上)。
使っていて思うのは「これって開発途中のベータ版じゃないの?」ってこと、これじゃ「もっと完成度が上がってから買おう」っと思うのが普通。
私も製品版として一般市場でリリースしている商品なのだから現状の開発途中のような完成度はありえないと思い購入はしていない。
アーノルド坊やのようにプロユース専用で一般販売はせず、且つリアルタイムレンダリングが標準で可能でであれば我慢もできるが、今のV-Rayの完成度では無理がある。

なんとかしてほしいな

まぁ、Softimage版は開発プライオリティーがかなり低いようなので期待はできないな。。。

広告
 

タグ: , , , , , , , , , , , ,

Shade 3D ver.14 使い道のふり幅

Shade_v14

国産3DCG作成アプリであるShade 3D。
今回のV14からは3Dプリントなんかにも対応していたり、Shade 3Dファイル(.shd)を直接読み込ませることのできるUnityのスクリプトをリリースしたりと使い道の幅を広げてきた。
 
3D_Print.jpg
 
Shade 3D Loader
 
言い方は厳しくなるが、今までのShadeはモデリングができるだけのアプリで、高度なアニメーションもできず、ただ静止画をレンダリングするレベルのアプリであった。しかも他のアプリでアニメーションをさせるにしても、アプリとのデータ連携で抜きに出るものが無く、モデリングしたとしても他のアプリにもっていくことを考えると持っていく先のアプリで制作をした方が良いということになってしまっていた(ポリゴンモデリングが弱かったからね、無理してShadeを使う意味がない)。

やはり別の使い道を模索する必要があったのだろう・・・

このバージョンアップにより久々にShadeへ興味が湧いてきた。
私も本格的なモデリングを始めたのはこのShade(Mac版)からなので、Shadeには今後とも頑張っていただきたい。

◆3Dプリンタ用データプレゼント
ページトップに ” [特典] ” ?と書かれているが、今のところ普通にダウンロード可能となっている。
3D_Print.jpg

 
 

タグ: , , , ,

GTA3 ONLONE面白そう

グラフィック、綺麗になったなぁGTA。
以前はダメダメだったのに、やっと日本人にも受け入れられる感じのクオリティーになったな。
アメリカのゲームってハード&ソフト的に表現が困難なのに無理やりリアル表現をしようとして失敗していた感があったのだが、現在のハード&ソフトのレベルが向上したことによってそのリアル思考な開発姿勢がツボにハマってきた。

だが、残念なことに現状PlayStation 3とXbox 360しかラインナップにない。

PC版はどうなる?

個人的には最近PCでしかゲームをしないのでとても残念。
以前にNVIDIAがカンファレンスで口を滑らせた ” 今秋のリリース ” は誤りでありであったということだし・・・
いったいいつ頃リリースされるのだろうか。

またPCから産声を上げたゲームがコンシューマ機優先の開発スタイル移行していってしまった。
まぁ、最悪でも来年あたりには出ると思うけどね。。。

” 同時期にPC版を出すとコンシューマが売れなくなる ” 説って、まだあるのかな?

コンシューマ機のゲームソフト市場規模が縮小傾向にある中、なぜに開発スタイルはコンシューマが優先されるのか?
開発効率でいったらのPCからのトップタウンの方がいいと思うのだが・・・、パーツ構成は最新ハイエンドパーツ限定されるがPCの方がハイスペックなはず。
それに開発だってPCでやってるんだからやっぱり何か変だ、ゲームプレイだってオンラインだったらPCの方がキーボード、マウス、ゲームバッド、ヘッドセット、Webカメラ、Etcと多種多様で操作環境は確実に快適だ。

んーん、謎。

日本ではドラクエXがPCリリースされTVCMまでしている状況。。。
恐らくコンシューマ機の行末に不安を感じ、PCに本格的に参入していこうといった考えからなのだと思う。
海外とベクトルが真逆だな日本。

一部の海外大手メーカーによるPC後回しは何を意味しているのだろう。
まっ、発売はされるので無問題なんだけどね。

 
コメントする

投稿者: : 2013年9月28日 投稿先 ゲーム, 日常

 

タグ:

Introduction to Cinema 4D(無料ラーニングビデオ)

2013-09-27

初心者向けのCinema 4Dの無料ラーニングビデオ
おぉ、かなりのボリューム。

勉強してみようかな・・・

この会社ではCinema 4Dの各種プラグインやライブラリも開発・販売しているが、全てCinema 4D専用で他のアプリ版は一切開発していない。
ドッブリCinema 4Dに心酔した組織のようだ。
 
 
◆各種プラグインやライブラリの紹介ムービー
 
HDRI Collections: Pro Studios

 
 
Instant Animation Tool for Cinema 4D

 
 
Instant City Generator for Cinema 4D

 
 

タグ: , ,

Surface Pro 2発表 バッテリー駆動時間75%延長!

CPUはHaswell Core i5で内臓メモリー8GBやSSDも512GBとなり、完全なるオールインワンコンパクトPCレベルとなったSurface Pro 2。
もはや初代となったSurface Proの問題点をほぼ全て克服した感がある。加えて装着して使えるキーボードもバッテリー内臓となり、Surface Pro本体のバッテリー使用しない上にモジュールを装着することでワイヤレス化することも可能となった。

ヘビーな作業でなければ2Dも3Dも問題なく作業できるぞ(無論本格的な作業は無理)。

ただ、若干の気になるポイントはある、やはりバッテリーだ。
たとえSurface Pro 2からバッテリー駆動時間75%延長したといっても、元が2時間チョイの仕様なので計算上4時間持たないということになってしまう。
やはりバッテリー駆動時間はネックのままか、・・・まぁ、画面の輝度を落としてドキュメントの作成レベルなら8~9時間はいけるかもしれないが。

それを(バッテリー)差し引いても十分に魅力的だな、これはなかなかに欲しいぞ。
何気に我慢して待った甲斐があったなぁ。

ただし、発売は海外で10月22日からとなっているが、現行のSurface Proと同じく日本での発売は後回し、、、
前回と同じくらいのサイクルであれば来年の春前後?となってしまう。

「チッ!!」

またリリースされる頃にはCPUが世代遅れになる公算が高いな。
買う気なくすぜ。
・・・Officeないていらないから、値段吊り上げずにとっとと安くして出さんかい!!!!。
どんだけOffice売りたいんだよ、まったく。。。

マイクロソフトは何故に日本市場を軽視しするのだろうか?
まさか日本マイクロソフトが抱き合わせでOffice売りたいがため世界から孤立してしまったのだろうか・・・

良い商品なのに残念だな。

 
 

タグ: ,

CEDEC CHALENGE 2013 スカルプト・マイスター!

チョッと古いネタを思い出したので載せてみた。

CEDEC CHALENGE 2013 スカルプト・マイスター!

2時間で四神 (玄武・白虎・青竜・朱雀) を仕上げるスピード制作チャレンジ。

 
 

タグ: , , , , ,

iPhone 5S取り敢えずネット予約

2013-09-20

朝からニュースやワイドショーでは必死な人たちのイタイ映像が流れている、、、

なんなんだ、この人たちは 「正直意味がわからん」。

まぁイベントなのだろうが・・・、まったく他にやることないのか?

「10日から会社休んで並んでました」
※サラリーマンが20日午前のニュースインタビューにて

仕事しろ。

私は仕事してましたよ、普通の人は皆そうです。
並んでた人たちが無駄に地べたに座り込み、怠惰に時間を過ごしていた頃も皆キッチリ仕事をやってスキルアップですよ。
そもそも ” 暮らしを便利で豊かに ” ってツールを手に入れるのに、生活を犠牲にして何日も並ぶっておかしいでしょ。

ワールドカップで普段は興味をもってもいないのに 「なにかある(起こる)かもって感じでぇ~(若者)」 って渋谷に集まってる連中もそうだけど、このてのイベントはほんと理解に苦しむ。
そんなことで何も変わらないし、変わるきっかけにもならない(変化があったところで たかが知れてる)。

iPhoneでいったら、” 苦労して手に入れようと、片手間に入手ようとPhoneはiPhone ”
機能もなにも変わりはしない。
ただ「無駄に頑張って手に入れたぞオレ」っていう、他者に何の共感も得られない自己満足だけ。

あぁ、こんな感想に無だに時間を費やしてしまった。。。
仕事、仕事をしよう。

 
コメントする

投稿者: : 2013年9月20日 投稿先 日常

 

タグ: