RSS

月別アーカイブ: 7月 2016

やっとMaya2017出たんだね

autodesk.comで2017がリリースされ、ダウンロード可能になっていた。

2016-07-28

おお、ウォーターマークがない。

無料でArnoldが使える。

ただし、まだ挙動がおかしいところが多々あった・・・・

SRTがキー切り替えで無視されたり、パースビューが突然操作できなくなったり、ハイパーシェードもシェーダーボールをArnold表示に切り替えるとプレビューが表示されなかった。

なぜ?

 

 
 

タグ: , , , , , ,

やっとMaya2017出るんですか

あらあらArnoldさんビルドインなんですか。。。
ハイパーシェーダもキッチリ対応してくれるんですね、こりゃ嬉しいですね。
最近はArnoldしか使ってないから・・・

ってか、Arnoldオンリーな気がする。

まだサブスクリプションのサイトでは2017をダウンロードできないみたい。
 

 
 

タグ: , , , ,

凄いぞ! HTC Viveを購入してみた

先週VRの比較検討をした翌日にHTC Viveを衝動的にポチッてしまった。

結局、先週土曜注文で今週金曜到着(不在で土曜受け取り)という1週間ほどの期間がかかった。
昨日くらいからドスパラやツクモから即日発送の翌日お届けで送料無料で3000円ほど安く買える・・・、まさかたった1っ週間で安くて翌日届く状況になるとは、激しく無念だ。

まぁ、過ぎた事は置いといて。

セットアップのマニュアルもアプリのディスクも一切なし。
“ここにアクセス”って感じでURLが書かれたデカイぺら紙が入っている(上写真の右下)。

開けた直後は「以外にパーツが少ないな」っ好印象だが、二重底で大量のケーブルやらアダプターやらが現れた・・・

ちょっとパーツの多さに面食らいながらも、一番最初にやったのは小さなキューブ状のセンサーユニットを対角線上に設置する作業。現状は三脚が届いていないので壁にネジで仮止めとした。

IMG_1296

センサーの設置が完了したら、早速ソフト的なセットアップと動作確認に入る。

SteamVRアプリをインストールし、ウィザードに沿って機器の調整をおこなう。

機器全てに電源投入しゴーグルとコントローラを認識させたら、そのセンサーで床、行動範囲の設定をおこなうっていく。コントローラーを床に置いたり、トリガーを引きながら移動可能な範囲をなぞる等・・・セットアップ作業なのに遊び感覚で簡単に調整できる。

セットアップが完了したところで、Steamから購入者向けに無料でクーポン提供されている幾つかのアプリをダウンロードしてみた。

アプリをプレイしてみた感想は「解像度低っ」とった印象(かなりショックだった)。
やはり眼前に片目1024×1200、両目で2048×1200では映像的に厳しいのか。・・・PlaystationVRはこれより画像が粗い、なんか残念な仕様だ。

だが、HTC ViveのVR感は半端ない!
頭部のトラッキングによる画角の制御、そして何よりも自分の体で動き回れるのは衝撃的。くわえて専用コントローラーで手をのばし物を取ったり、触ったり、弾いたり、叩いたりは正に体感できるVR。

「これは素晴らしい」

やっぱりVR機器のチョイスはHTC Viveで正解だった。移動ができて専用コントローラがある、今VRの真骨頂を体験させてくれるのはこのHTC Vive以外にない。

まだカメラを使用したARを体験していないが、これからがとても楽しみだ。
なんかワクワクしてきた。
こんな経験、いや体験は子供のころに生まれて初めてジェットコースタを乗った時以来だ。それだけに解像度の低さだけが残念、これで解像度さえ高ければ「もう現実世界なんて要らない」っと言い切れるくらいのものになっていたものと思う。

今から次世代のHTC Viveに期待が大いに高まる。

 

タグ: , ,

2014年に組んだ自作PCにGeForce GTX 1070をセッティングしてみた

T7400でのあまりに不甲斐ない結果に、自宅のインターネット&ゲーム用PCでの再計測を試みてみた。

■Intel Core i7-4790K (標準4.0GHz -> OverClocking 4.6GHz※大型水冷CPUクーラー使用)

■マザボ MAXIMUS VII RANGER (Intel Z97 Expressチップセット)

早速ベンチをとってみる。

今回は旧バージョンである新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編が入手できなかったので、アブリFF 蒼天のイシュガルド ベンチマークを使用した。

どちらも7000以上が「非常に快適」となっており、誤差はあるものの大差ではないものと思われる。

今回も最高画質の1080Pフルスクリーンで計測。

DirectX9 2016-07-03-A

やっぱりこれ位は出るよね。
これなら最新カードとして申し分はないものと思う。
セッティングをノートPc画質の1080Pフルスクリーンで計測すれば20129を普通に叩き出すことができた。

ちなみにDirectX11でのベンチは以下の通り。
DirectX112016-07-03-B

 

タグ: ,

VR

最近になってVRコーグルがポツポツとリリースされ、何かと話題になっているのでチョット調べてみた。

現在の大手、又は注目の新興メーカーの商品として3機種の商品が販売、販売予定となっている。

※表記順序 製品のリリース順

■Oculus Rift 送料・税込で94,600円 (海外から発送、送料10,800円)
・有機EL 1080×1200(90Hz) 2枚 = 両目で2160の解像度
・付属専用コントローラ無し(Oculus Touch別売、発売未定)
・トラッキング 歩行検出無し
・AR カメラ無し、不可
・入手可能次期 即注文で8月
注意事項:PC用、コンシューマ機種への展開は未定

■HTC Vive 送料・税込で110,600円 (国内から発送、送料2,800円)
・有機EL 1080×1200(90Hz) 2枚 = 両目で2160の解像度
・Steam VRコントローラー付属
・トラッキング 歩行検出あり
・AR カメラ有り、可能
・入手可能次期 即注文で数日
注意事項:PC用、コンシューマ機種への展開は未定

■PlayStation VR 44,980円 (国内から発送、送料-,—円)
・有機EL 1920×RGB×1080(120Hz/90Hz) = 両目で1920の解像度
・付属専用コントローラ無し
・トラッキング 歩行検出無し
・AR カメラ無し、不可
・入手可能次期 2016年10月

注意事項:PlayStation専用、10月発売の新機種PlayStation NEO予価¥39,560が必要になるためVR実現のためにかかる価格は8万5000円前後になる。

3機種比較
気になる画質ではOculus RiftとHTC Viveは同等でPlayStation VRは一回り劣る感じ。ただしリフレッシュレートはPlayStation VRが120Hz対応(他は90Hz)のため追従性では優位かも?(不明)。

バーチャル空間での肝はコントローラー。思わず手を出してしまうシチュエーションでゲームパットでは味気ない、やはり専用コントローラーで楽しみたい。
HTC Viveは最初から専用コントローラーが同梱されているが、Oculus Riftは他社のマイクロソフトXboxのコントローラーがそのまま同梱されていて開発の遅れとヤッツケ感が漂う(本体をどこよりも早くリリースし先駆者としてのメンツを保ちたかったんだろうね)。PlayStation VRは専用コントローラーの情報はまだない模様・・・

今回こうしていろいろと書き出してみると一番高いと思っていたHTC Viveが性能もコストパフォーマンスも一番高かった。カメラ付きでARもできるうえに空間移動もでき、尚且つ専用コントローラーも最初から付属する。
やはりネットゲーム流通の最大手Steamが携帯やスマホで有名なHTC(日本ではメジャーではないが海外では世界第4位の大手)と手を組んで造っただけのことはある。しかも商品も市場へ潤沢に流通しており(現時点で既に10万台突破)入手にそほど苦労をすることはなさそう。一方のOculus Riftは商品の製造面でみても大手のHTCから大きく引けを取り、注文しても2か月以上の待ち時間をようする。それでいて専用コントローラ無し、現状商品として完成すらしていない。価格でみてもWebサイトで定価が599ドル(61,697円)と表記されているが、チェックアウト時には83,800円+送料10,800円で94,600円となり、今後専用コントローラーを入手考えるならHTC Viveよりも高額となる可能性が高い。くわえてカメラ無しでAR不可なうえに、空間移動もトラッキングなしのに高額。しかも商品自体が少ない。
※今後ARやトラッキング関係の拡張キットがリリースされるかもしれないが、さらにお金がかかる。

なんかOculus Riftってメチャ割高。
なんか「安いですよ」・・・ベースキットだけど、って感じの商品ぽいな。

現状市場で売られているVRデバイスで人気があるのがOculus Riftで、リリース後に性能面とVRを構成するパッケージングで見直されているがHTC Viveといった感じ。

” HTC Vive ” 欲しいな。

7月8日からドスパラやツクモでもネット購入可能となるらしい。