RSS

カテゴリー別アーカイブ: 3ds Max

SoftimageからMaya2015が正道

3年間Softimageをメインツールとしつつも3ds Max と Maya を使用ながら移行を模索していたのだが、昨年末からMayaへの移行をメインとして考えるようになった。
もちろん3ds Maxも3年前より試用するとともに、仕事に関しても使用するなど、ある程度スキルもは身に着けていたのだが、日本の業界においてはやはりMayaの需要が多く、そこが悩みどころであった・・・

Mayaを選んだ最大のポイントは、ツールとして似通った部分が3ds Maxよりも多く、Softimageユーザーが移行時に感覚的に馴染み易いという点だ。
過去に私は旧バージョンSoftimage3DからSoftimageXSIに移行する際、XSIの全く違うインターフェースにXSIに移行するかMayaに移行するか悩んだ程だ。それ程にXSIとMayaは新しく覚える対象として似通った感覚があった(実際は違うものだが、インターフェースや3DCGツールに対しての思考というかスタイルが似ていた)。
くわえて近年Softimage開発陣がMayaに移籍したというポイントも、Softimageユーザーには精神的に安心ができるポイントだろうと思う(私は特に強く思う)。

今回のMaya2015ではSoftimageユーザーがMayaに移行する際に支障をきたさないよう、細かいポイントではあるが機能の移植が成されている(詳しくは4GamerのMayaの記事を参照)。

全国のSoftimageユーザーの皆さん、Mayaに移行しましょう。

3ds Maxのユザー数は圧倒的です、第2のSoftimageを今後決して出さないためにもMayaに移行を・・・
油断禁物、オートデスクなら遣り兼ねません。巨大企業ですから今後Mayaの開発陣をMaxに移籍させた上でMayaを消し去り、ラインナップの整理と合理化を図ることはありえない話ではないと考えます。

今のオートデスクの状況を例えると、
3ds Maxバケツには満杯の水、Mayaバケツには半分程度の水、Softimageバケツには5分の1以下の水が入った状態(水はユーザーです)で、これを人(オートデスク)が片手に3ds Maxバケツ、もう片方にMayaバケツとSoftimageバケツを2つ持って歩いているような状態です。
満杯の3ds Maxバケツはこぼさないように慎重に運ばなければなりませんし、MayaとSoftimageの2つのバケツは持ちにくくバランスもとりずらいため不安定となっています。
このままの状態を続けて歩いてると、ふとした状況で躓き水こぼしかねません・・・
そこで人はこのまま安全に歩き続けるために、MayaバケツにSoftimageバケツの水を流し込み、Softimageバケツを捨てることにしました。
といった状態です。

ですが、今後に人が2つのバケツを持つ余裕がなくなり片手を空けなくてはならなくなった場合、更に安全で効率的な方法をとろうと考えるのは当然のことです。
そんな状況になったら私でも考えます、大きめのバケツを用意し3ds Maxバケツの水を入れ替え、その中に更にMayaバケツの中身を流し込んでしまおうと・・・

Mayaも今後は3ds Maxを単なるライバル製品としてではなく、驚異の対象として捉えつつ、独自に革新的進化をし続ける必要があります。

「頑張れMaya!!」
死ぬなよ・・・
 
 

告知バナーGifバージョン(10sec,8fps)

広告
 

タグ: , , , ,

V-Ray for 3ds Max v3.00.01 リリース、DEMO版も登場

2014-02-05

V-Ray for 3ds Max v3.0がリリースされDemo版もダウンロードが可能となった。

現在Arnoldが販売を本格化しようとする最中、ブッチギリをかましたいV-Rayが満を持して市場投入したメージャーバージョンアップ版。
個人的には期待を裏切らないクオリティーを簡単に出すArnoldが好きではあるのだが、市場において圧倒的なユーザー数を誇るV-Rayがどのように進化したのかも大いに気になる。
 
 

告知バナーFlashバージョン(10sec,30fps)

 

タグ: , , , , ,

社会人サークル活動? 2013-12 Part-6

2013-12-28

3ds Max版のリリース。

> 販売サイト [ DLmarket ] <

バージョンは1.1となり、Softimage版も1.1に更新した。
表情を作る際に若干無理なボーン変更でも許容できるようバージョン1.0のウェイトを1.1では全変更してみた。

このモデルではゲーム業界等で使用される一般的な方式であるボーンによるフェイシャルコントロールを採用しており、フェイシャルアニメーションの練習に用いたり、別途用意したモデルに乗っけて総合的なキャラクターアニメーションをさせることも可能(多少のスキルを要します)。

2013-12-28_A

よく「どのくらい儲かるの?」っと聞かれることがありますが、正直な話し「全く儲かりません」。
そもそも大の大人が実質一週間以上かけたりして制作したものをこの価格で売ってももうけは無く、パーフェクトな赤字です。ただ、仕事の無い時間を無駄に過ごしているよりは「何か作った方が良いのでは?」っといった考えと、誰かの学習や練習用の教材程度になればと考えリリースしています。

まっ、”サークル活動”ですからね。

今回の女性の頭部もゲーム業界に就職しようとしている人、もしくは就職している人の”フェイシャルアニメーション練習用教材になれば”といったきっかけから制作されてます。
もちろんモデルとしてもテクスチャーからしっかり作成しているので完成度は問題ないレベルですよ。
 
 
 

告知バナーGifバージョン(10sec,8fps)

 

タグ: , , , , , , , , , , ,

V-Ray 3.0 プレビュー アキハバラ (10月24日開催)

もう3ds MaxはV3.0かぁ、いいなぁ。

Maxでの作業ではMax版のV-Rayを使うことになるけど、やっぱり使い慣れているSoftimageでガッツリ使いたい。
だが、SoftimageのV-RayはまだまだV1.6・・・、3ds Maxと比較すると大幅に機能面で使いづらく、使えないものすらある。

◆効率的に複数コアを使用する
無駄に全体で細かく設定しなくても、最終段階で効率的に分割数を細分化し複数コアを無駄なく使用てくれる。

 
 
◆高速化されたHair
更に高速化されたヘアー。爆速ではないが美しさと仕上がるまでの時間のバランスは秀逸。

 
 
◆V-Ray RT
個人的には一番好きな機能のRT。更に改良され、更に美味しくウマウマ状態に。

 
 
Maya版もすぐに出るんだろーな。
Softimage版は何年後だろう、、、もう出るころにはSIはメインツールじゃなくなってると思うな。
※まぁ、V-Rayのエンジン本体は次期のSI版にのかってくる可能性はあるけど、全ての機能を美味しく頂けるかどうかは疑問・・・まっ、無理だろーな。

 

タグ: , , , , ,

画像

いまさら暑中見舞い

暑中見舞い

 

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

3ds Maxの習得

3ds Max2014のデモ版を少しさわってみることに。
せっかくなので販売中のデータチェックも兼ねて見ようと思う。

2013-05-16_A

簡単にポージングしてみた。やはりMaxはビューポート表示が綺麗だ

Maxはやはりビューポートがいいな。
シャドウの状態が見栄えを左右する場合も多いので、こういったアルファ抜きも考慮されたビュー表示は非常にありがたい。
通常のビューポートからの切り替えもスムーズで殆どストレスを感じることは無い。
・・・うらやましいな、Softimageのハイクオリティモードなんて切り替えが遅すぎて全く使う気にならないからね(低負荷設定のパスを作って普通にレンダリングする)。

2013-05-16_B

CATはいいのだが、Maxはすぐ移動などで矢印等をクリックしようとしてスカされ選択解除されてしまう・・・。
クリックの位置判定がシビア過ぎるんだろうな、チョと扱いづらい

いつもトランスレーションをしている最中にコントローラの矢印のクリックを失敗してしまう、Maxのデータ担当X君に聞いてみると「だってMaxだもん」とのこと。
どうやら・・・そうゆーことらしい、意外と神経質なアプリってことなのか?

Max 「あっ、今のクリック1ドットくらいズレてたからナシね」、みたいな。

多少のズレは保管してほしいのだが・・・

2013-05-16_C

なんだかんだいってCATは扱いやすい。
多腕や多足も問題なくできるらしいし、きっと首や脊椎も自由に増減できるんだろうなぁ


CATはよくできている、これはチョといじってみたいな。
だだ、欲をいうならHumanIKのような制御が加わったら最強になるのでは? と思った。

 

タグ: , , , , , , , , , , , ,

社会人サークル活動?

「チョッとやってみる?」っといった感じで仲間内でモデルの販売をしてみることになった。
3人しかいし、私以外はほとんど会社員なので必然的に私がSoftimageで作って他の人が3ds MaxとMayaにコンバートするスタイル。

「なんか割に合わんが」まぁいいか」

とりあえず以前に作ったモデルをデザインし直し(ほぼ作り直し)、1体のSoftimageモデルを作成してみた。


Softimage2013バージョン
 
 

3ds Max2013バージョン
 
 

Maya2013バージョン
 
 
内容的にはSoftimage(Nullボーン&Biped Rig)、3ds Max(FBXインポートボーン&CAT)、Maya(FBXインポートボーン&HumanIK)といった感じで、各アプリバージョンでボーンとリグの2種類と、それぞれポーズ有り無しでまた2つのシーンが入っている。

「YOTUYA MODEL 工房」というサークル名で、現在下記のDL-MARKET(日本)、cgtrader(US)、TurboSuid(US)にラインナップしてみた。

DL-MARKET(日本)
http://www.dlmarket.jp/manufacturer.php/manufacturers_id/9538

cgtrader(US)
http://www.cgtrader.com/3d-models/character-people/child/mei-chan–3

TurboSuid(US)
http://www.turbosquid.com/3d-models/max-cartoon-character/739592

対応しているフォーマットはSoftimage2013、3ds Max2013、Maya2013、FBX2013、OBJに対応。

売れるかどうか予測はできないが、いい実験にはなるものと思う。
でも、まぁ一般の人にはオートデスク製品はかなり高額な部類の商品なので、その対応商品じゃ売れる見込みは無いかな・・・

とはいえ、
なんか活動的に久々にクラブ活動っぽくて面白かったな、採算抜きでやって良かったと思う。

 

タグ: , , , , , ,