RSS

カテゴリー別アーカイブ: Blender

Blender 2.70

Softimage等で上手くインポートできないOBJファイルがあったため、Blenderで一旦取り込んでデータを書き出そうと思い最新版をダウンロードしてみることに。
※BlenderのOBJファイルの扱いは良くできている。

すると最新版はバージョン2.70となっていた。

はぁ~っ、良いねBlender

これがタダですよ。
仕事で3DCGをやらなくなったら絶対に乗り換えるな。
 
 

告知バナーFlashバージョン(10sec,30fps)

広告
 

タグ: , , ,

CINEMA 4D R15のコスパについて考える

いろいろとCGアプリの販売サイトを見ていたらCINEMA 4D R15の機能に驚いた。
「こいつ、また機能盛ってるぞ!!」
これだけできて8~10万円台(C4D Primeバージョン)は安い!
※注意点:スカルプトやダイナミクス等の本格的な機能は上位のC4D Studio(45万円前後)にしか搭載されない。

Softimageの年間保守料で2本買ってガッツリおつりが帰ってくるじゃないか!!!

ただし、私のようなデータ納品が多いCG屋にはちと厳しい・・・
なにせCINEMA 4Dで納品できるクライアントなんてほぼ皆無だからね。

惜しいなCINEMA 4D、残念だ ” R15 ” ….なんかこう書くとR15指定みたいだな。

映像納品みたいな作業なら問題はないと思うが、今時だと個人レベルで受注できる規模の仕事はそうそう無い。
人数的にもそれなりの規模のチーム制で、当然だが作業も分担となる・・・
つまり、結果アプリも相互のデータ受け渡し等の関係から主流のCGアプリとなり、チーム体制ではCINEMA 4Dの使用は困難となる。

まぁ「汎用フォーマットがあるじゃないか!」っといった意見もあるだろうが、汎用はあくまでも汎用。
受け渡し先のアプリにネイティブに対応したパラメータを持っていないため、相手先に余計な手間を掛けさせることになる。

コストパフォーマンスに優れる代表的なオールインワン(モデリングからアニメーション、レンダリングまで可能なもの)アプリには、
・CINEMA 4D
・LightWave
・Blender(無料)
といった3種類が存在してるが、現状どれも一般的に仕事では使いづらいのが現状。
※LightWaveは以前なら少なからず現場で使用もされていたが、今となっては3ds MaxやMayaへのユーザー流出の影響により現在はあまり使用されていない。

・・・んん、まさに「CG界の残念3(スリー)」だ。

どれも良いアプリだから他人との連携なしで個人で使用するだけなら絶対 ” 有り ” なアプリだと思う。

 

タグ: , ,

久々にBlenderを動画検索してみた

◆Blenderでアニメーションまでを制作し、レンダリングは3ds MaxのV-Rayでおこなわれたみたい。

◆Fluid Simulationもキッチリできちゃうんですね、ご立派。

◆Blender Demo Reel 2013

どこまでいくんだろうBlender、
ほんと無料アプリとはとても思えない。

 

Blender 2.67が出てたので使ってみた

画像

Blenderで先日販売を開始したモデルをインポートしてみた。

BlenderのOBJインポートの再現性はかなり高い。
フォーマットを作成した会社を買収し一応自社開発のはずのAutodesk(WavefrontをAliasが買収し、その後そのAliasをAutodeskが買収)の製品ですら再現性は製品によってバラバラ。現状は何故かAliasのMayaではなく、3ds Maxが一番OBJをまともに扱うことができる感じ。

そんな中、BlenderはAutodesk製品では正確にインポートできなかったものをインポートでき、その後エクスポートすればAutodesk製品でかなりの高確率で読み込めるようになるというなかなかの優秀さ。

ただ、FBXのインポートが無いのが残念、今後の対応に期待したいところだ。

・・・それにしても操作系の独特さ、未だに全く慣れないな。
まぁ、じっくりと合間合間に使っていきましょう。

あっ、そうそう、Quadro系では問題ないのだが、GeForce系で表示関係がちょっと怪しい、、、操作と表示がズレてしまうのだ。
オブジェクトの「選択」>「解除」>「選択」っとすると、「無反応」>「選択」>「解除」ってな具合になってしまう。
いったいこれは何なのだろう?

 

タグ: , , , , , , , , , ,

Blenderが気になる

発表以来、まだSoftimage2014のリリースがされないのてチョッと2014へのテンションが薄れてきた・・・

そこでまたBlenderに関して探りを入れてみた。

2013-04-13

無料アプリに関しての有料トレーニングビデオ

「なんか無料のものに有料のチューターってどうよ?」って感じがするが、

サンプル動画を見た感じでは構成がしっかりしていそうで、音声も聞き取りやすい。
ここまでちゃんと作ると有料でも仕方がないか・・・とも思うのだが。。。Blender自体が良くできていて無料なので「やっぱ微妙・・・」っといった感覚は否めない。

とはいえ、割高感のハンパナイ有料なアプリが無料なのだから、チューターくらいお金をかけても問題ないかとは思う。

それにしても、アプリの参考書とかって無料、有料に関係なく意外と抵抗なく買ってしまうが、Webの有料チューター動画ってなんか微妙に抵抗感があるな。
やはりYouTube等にアップされている素人のチューター等があるため、お金を払う事に抵抗感がでてしまうのだろうか?。

ただ、私も実際そうであったが、実際有料のチューター購入をしてみると、クオリティーが高い(構成や音声がしっかりしていて、ショートカットなどの表示が出るものもある)ので覚え易さが違う。やはり下手な無料動画を見るよりは明らかに有料物の方がチューターとしては完成度が高い。・・・まぁ有料なので当然なのだが。

しかし、サンプル動画見ていて痛感させられた、「Softimageって足らないものがいっぱいあるんだな」っと。。。
まぁ3ds MaxやMayaにもBlenderと比較して足らないものが沢山あるけどね。

私がショックだった内容はスカルプト、アニメーション再生速度(OGL)、コンポジット関連。
テクスチャペイントなんかも当たり前な感じで今使っているSoftimageが情けなくなってくる。

「はぁ」

溜息しか出ないね、こりゃ。

 

タグ: , ,

Blender精神?

Blenderには無料でかなり役立つチューター動画サイト(英語)があるみたい、これもやっぱりBlenderの無料化精神の影響なのかな・・・

2013-03-20

英語なんぞわからんが、映像をみてショートカットキーを聞けば70~90%程度はは容易に理解できる

特にモデリングはかなりイイ感じなのでは。


これはオートデスク製品もうかうかしていられない、モデリング+アニメーション+シミュレーション+レンダリング+コンポジットまでできるんだから、殆どオートデスクの3DCG系ラインナップとダダ被り。

「こりゃ、また買収して2~3年で解体、人材を各制作会社に拡散ってやつですかね?」
※これ以上やったらさすがにユーザーでもドン引きだな。

Blenderには絶対 ” 我が道 ” を行って頑張って、頑張り続けてほしい!!
無料アプリのこの脅威が、有料アプリの ” 今後の進化を加速させるカンフル剤となってくれれば ” っと、切に願う(特に期待を込めてオー○デス○さんね)。

 

タグ: , ,

近年Blenderがヤバイ


もはや無料のアプリとは言えないレベルを遥かに超越した感のあるBlender。
日本でも着実にユーザーを増やしているようだ。


(↑上動画) 冒頭の噴射(特に上昇し始める箇所)が若干雑さが出てしまっているが、全体的にはとてもよくできている。
ただチラホラと見えてしまう実写パートのチープ感が残念な感じ、とはいえ実写とCGのマッチングも高いレベルで処理されているので差し引きゼロといったところかな(映画レベルからは若干劣る)。

私も画像や映像レベルで仕事が完結するならBlenderというチョイスもありなのだが、アプリ指定でのモデルデータ納品が多いため残念ながら使用は難しい。
「無料だし、使って後の納品はAutodesk商品でインポートできる形式で書き出せば良いじゃん」っとも思ったりするのだが、マテリアルだとかボーン関係だとかで結局Autodesk商品を使って調整を余儀なくされるされてしまうだろう・・・
今あるアプリだけでも覚えることでアップ、アップ、これ以上別のアプリの習得をすることは困難。
それに、Blenderは3D界でも”独特なインターフェース”と評されるアプリ。私も以前チョットだけ触ろうと思ったが、起動後 即時「えーと、、、、、」などとフリーズをさせられてしまった。

仕事のことがなければ是非とも使ってみたいアプリなのだが。。。

メジャー系のチューター動画サイトにはほとんど動画が存在しないが、探せばそれなりにチューター動画(一部有料会員専用)もある。

「・・・ヘアー凄いな」

いま高価な有料アプリを使っていることがバカバカしくなる、不況だし・・・心動かされるなぁ(苦笑)。

 

タグ: , ,