RSS

カテゴリー別アーカイブ: ZBrush

Mads Mikkelsen(マッツ・ミケルセン)みたいな人を作ってみようPART-3

ZBrushでの細部の作り込みと、XGenによるヘアーの作成。

2018-06-29_A2018-06-29_B

ちょっと飽きてきたから今回はこれくらいにしてこう。

広告
 

タグ: ,

Mads Mikkelsen(マッツ・ミケルセン)みたいな人を作ってみようPART-2

前回からの続き、スカルプトを中心に少し更新。

現在のマッツ・ミケルセンよりポッチャリ感が足りない、まだかなりシャープにしすぎている。

スキャンテータと違い、ゴリゴリZBrushでスカルプトして作っていると作業中に”自分フィルター”がかかってしまい、個人の感覚的美化をしてしまうな・・・

もっと見たままで作るようにしなくては。

 

タグ: ,

Mads Mikkelsen(マッツ・ミケルセン)みたいな人を作ってみよう

以前作りかけでほっぽっていたマッツ・ミケルセン風モデルに手を入れてみる。

Huluで見ていたドラマ「ハンニバル」で以外なカッコ良さを見せつけていたマッツ・ミケルセンをみて”ぼっいのを作ってみようと”思い立ったモデル。

まだ首が細く、顔自体も痩せてしまっているのでまだ多分に調整が必要。

 

タグ: ,

スカルプトの練習

人間らしさを出してみようと試みている。

まぁ、なかなか上手くはいかないが。。。

2018-04-17

 

タグ: , , , , , , ,

ZBrush 2018 のSculptris Proモード

ZBrush 2018 で新たに搭載された機能”Sculptris Proモード”を試す。

まずは球体のDynameshから顔をザックリと作製、後にSculptris Proモードで細部を調整してみた。

2018-04-05_A

使用感としてはパフォーマンスは悪くないし、分割生成されるポリゴンの密度調整も可能でなかなか好感触。

ただし、生成されるポリゴンが三角なので当然のことながら使用用途はDynamesh同様ベース形状の作成に限定される。

先行してAutodeskがMudbox 2018.2にDynamic Tessellation機能を搭載し、Sculptris みたいでいいぞっ思わせた矢先、PixologicがZBrushに”Sculptris Proモード”を搭載してきた。

「偶然なのか?」

 

余談だが今回のリリースからバージョンがMY表記になり”ZBrush 2018″となった。

おいおい「・・・V5は?」

V5に相当するものは今後リリースされるのだろうか。いい加減にインターフェースを刷新してほしいのだが。あっちこっちに後付けで同系統の機能なのにメニュー項目が分散しているし、サブツールはモデルのクループ化ができないためモデルが多くなると階層化できず大変なことになってしまっている。

ZBrushに関しては一部を除き個人的に機能面でそれほど不満はない、だからこそインターフェスにもっと注力したバージョンアップお願いしたい。

2018-04-05_B

 

タグ: , , , , ,

暇つぶし

暇つぶしにスカルプト。。。

最近は全く人間関係をしていないので、暇つぶしはもっぱら人間のモデル関係。

2018-02-12

3D CORTなんかも試しに使ってみる。

2018-02-11

デフォームが感覚的にし易いな、モデルのカットも正確。この辺りはZBrushとは大違いだな。

ただ、デフォームやモデルのカットは二次的な工程、一次的工程のスカルプトに関してはZBrushに分があるように感じる。

あと3D CORTは高解像度モデルの扱いもが苦手な感じ、ZBrush感覚でガンガン高解像度にしていくと重くて使い辛くなる。

でもなぁ、ZBrushと比較して3D CORTはリトポからUV、テクスチャーペイントまで機能性に富んでいる。ZBrushに欲しいインターフェースや機能満載。

3D CORTに対応したGoZがあつたらいいのになぁ。

もちろんサブディブレベル対応で、ぜってぇに使う。

 

タグ: , , , , ,

暇つぶしにスカルプト2

2017-12-25使っていて思うのだが、流石に古さを感じる。

こりゃもうV5出さないと終わりだな。

現役のソフトでV4(2010年リリース)だけで8年近くも粘っているソフトは類をみない。

知り合いの中には「”ピ糞ロジック”め!!」と言葉を残し3D Cortに移行した人もいる。私も最近多少使用しているが結構便利。

こりゃもうV5出さないと終わりだな。

 

 

 
 

タグ: , , , , ,