RSS

カテゴリー別アーカイブ: 日常

フォトスキャンを久々に試してみる

iPhoneで撮影されたJpegレベルの画像でどこまで仕上がるのかを実験してみた。

今回使用したアプリはPhotoScanとContextCapture。

2017-08-11A写真左がPhotoScanで、写真右がContextCapture。

2017-08-11B今回の素材は人物背面がないので全てがスキャンできたとしても横から後側にかけてはデータは生成されない。

◆スキャン時間
・PhotoScan
遅い(精度を下げればそれなりに速くなる)。

・ContextCapture
比較的速い印象。

◆スキャン精度
・PhotoScan
本来は高いはず、だがiPhoneのJpegレベルではNG。
しかしながら素材の画質が悪くても撮影した画像を多く認識、全体をスキャンしている。ただし目の二重が曖昧で大まかにはとれるが細かいディテールは欠損している印象。

・ContextCapture
なかなかの精度、だが画質の悪い人物の左側が欠損していた。
素材の画像をあまり認識してくれず、少々素材に対してのチェックが厳しい印象。だがスキャンされたモデルはメリハリが効いていて目の二重や口元の仕上がりはいい感じに思える。

◆感想
今回のiPhoneのJpegレベルの場合の2つのアプリの印象は以下のようになった。
写真素材を多く認識させ欠損部位無しを狙いたい場合はPhotoScan。多少部位が欠損しても対象の大まかなディテールはしっかり押さえてスキャンしたい場合はContextCaptureなのかな、っと思う。

ただし、結局どちらをチョイスするにしても大掛かりなデータのブラッシュアップ作業が必要となる。

PhotoScanはノイズが多いためZBrush等で使い消さないといけないし(PhotoScanの機能でノイズを消そうとスムースをかけると必要なディテールまでもが無くなってしまう)、ContextCaptureの場合は欠損部位が発生するリスクが大きいためZBrush等で補完作業が必要となるかもしれない。

個人的に今回の2つのアプリは”現状のiPhone等のJpegレベルでは無理がある”って感じ。モデリングの資料的としリファレンスレベルに留めるか、大幅に手入れをおこなう前提のベース用のモデルとして活用する以外にないかも。

最後に、、、
今回のスキャンアプリに関する感想は素材とした画像の画質に大きく依存している結果なので、iPhoneであっても撮影環境を整備しクオリティーの高い素材を用意することができれば異なった見解となるかもしれない。

 
 

タグ: ,

Photoshopのタブレットペン機能回復(Win10)

以前Wacomのコンパネ設定にあるデジタルInkをオフらないとペンを使用時に波紋効果が入り作業に支障をきたすという状態があった。そのため暗黙のうちにInkをオフにする習慣がついてしまった人も多くいたと思う(私も)。ところが、現在はデジタルInkをオフるとタブレットが正確に認識されずに筆圧も傾きも検知しなくなってしまう仕様に変更(改善)されている。

過去の推奨設定的(個人的に…)な手法が、まさか重要な機能を奪うことになっていたとは(もうチョッとなんとかならないのかなWacom)。

私は以前既に回避していたので現在は問題ないのだが、いまだに困っている人がいるようなので、以下に波紋の非表示と長押で右クリックになってしまう煩わしい機能(障害)をオフにする方法をメモしておきます。

[ 波紋の非表示 ]

Windowsボタンをクリックし「設定」を選択。
2017-08-06-R01

設定から「デバイス」を選択する。
2017-08-06-R02

デバイスの項目内にある「ペンとWindows Ink」を選択し”視覚効果を表示する”のボタンをオフにする。
2017-08-06-R03

[ 長押し右クリックをさせない ]

Windowsボタンを右クリックし「コントロールパネル」を選択。
2017-08-06-L01

コントロールパネルの中から「ペンとタッチ」を選択。
2017-08-06-L02

ペンとタッチのペンオプションタブにある「長押し」項目を選択し[設定]ボタンを押し、開いた長押しの設定にある認識に関するチェックをを外す。
2017-08-06-L03

 

タグ: ,

作業をMaya2017に移行することに決意

2017にしてメインの制作環境をMaya2014環境から、Maya2017環境に移行することにする。

なぜ2018ではないのか?、まだリリースしたてで不安なところがあるので、今しばらくは様子をみたいのだ。

Maya2017を本格的に使い始めると直ぐにMaya2014からの変更箇所に戸惑う。アイコンの見た目上の違いもさることながら、メニュー項目の名称やカテゴライズが変わっているのが違和感で若干のストレスを感じる。

2017-07-30

Maya純正レンダービューはIPRが遅過ぎで使い物にならなくなったな、アーノルドのレンダービューは問題なく高速なのでこちらを使うよう癖をつけないとだめだな。

ただ、アーノルドのレンダービューはインターフェースと機能の使い勝手が洗練されていない。はっきり言って使いにくい気がする。

2017-07-30B

 
 

タグ: , , , , , , ,

続・SI時代の資産で何か作ってみよう-Part 10

2017-07-28_A2017-07-28_B

チクチク、チマチマといじってみる。

もおそろそろイイかな。。。

 
 

タグ: , , , , , , ,

Maya2018リリース

Autodeskからの「追加のオートデスク製品もさっそく使い始めましょう」っとメールが届く。

やっとこさMaya2018リリースなのか。

それにしても、

もう少し案内のし方がないのかな、” 追加って!?、何が? “って感じ。

メール貼ってあるリンクからログイン、トップ画面から少しだけ迷いながら項目を探し当てMaya2018と確認をする。

もお、・・・メールにMaya2018リリースって書いて、メールのリンク先でログインしたらMayaのダウンロードページにしてほしいな。

2017-07-25A

 
 

タグ:

こんな時代もあったんだね

2017-07-20

Yahoo!ゲーム ゲームプラスのEGGYのコーナーでXakがラインナップされていた。

懐かしいなぁ。

私が19歳の時に企画しゲームデザイン、シナリオ、グラフィック(キャラクタ、マップ、イベントなど全般)、制作上の発案などをして作成したゲーム。発売した年は20歳だったと思う。

私が作ったのはオリジナルのPC88版で、これはMSXの移植版だね。

このゲームの企画時にはPC88のBasic+マシン語でマップエディターを作成してサンプルマップを作成したりしていた。VRシステムもサンプルマップを作成している時に奥行き感が欲しくて考案したものだったなぁ。

あぁ、懐かしい。

19歳、こんな時代もあったんだね。

 

 

タグ: ,

続・SI時代の資産で何か作ってみよう-Part 9

VRで形状確認

モデルをUnityに読み込みHTC Viveを使用しVR表示してみる。

以前はアンリアルエンジンを使用し確認をしていたが、今回は気分を変えてUnityで形状確認をしてみることにした。

2017-07-15_A

やはりVRで形状を確認するのが一番立体を把握しやすい(画面はUnityのモニター表示画面)。

2017-07-15_B

VRで感じた立体感を参考にしZBrushで形状を調整した。

VRでZBrushがスカルプトできたなら、さぞかし快適なものになるんだろうなぁ。

 

 

タグ: , , , , , , , , , , , ,