RSS

タグ別アーカイブ: レンダリング

やっとMaya2017出たんだね

autodesk.comで2017がリリースされ、ダウンロード可能になっていた。

2016-07-28

おお、ウォーターマークがない。

無料でArnoldが使える。

ただし、まだ挙動がおかしいところが多々あった・・・・

SRTがキー切り替えで無視されたり、パースビューが突然操作できなくなったり、ハイパーシェードもシェーダーボールをArnold表示に切り替えるとプレビューが表示されなかった。

なぜ?

 

広告
 
 

タグ: , , , , , ,

やっとMaya2017出るんですか

あらあらArnoldさんビルドインなんですか。。。
ハイパーシェーダもキッチリ対応してくれるんですね、こりゃ嬉しいですね。
最近はArnoldしか使ってないから・・・

ってか、Arnoldオンリーな気がする。

まだサブスクリプションのサイトでは2017をダウンロードできないみたい。
 

 
 

タグ: , , , ,

「Solid Angle has joined Autodesk」・・・えっ?

Solid AngleがAutodeskの毒牙に。

とはいうもののアーノルドは手渡していないといってはいて、 Katana, Cinema4D, Houdini and Softimage等も開発を続けるとのこと。

いつになったらAutodeskは独禁法に引っ掛かるんだろう?(笑)

 

 

タグ: , , ,

セカンドハウス環境整備完了

2016-04-03

環境整備がてらアーノルドのモデルをArnoldでレンダリングしてみた。

Mayaが古い2014バージョンなのは、仕事で使用しているバージョンがいまだに2014のため(下手にプライベートで2016を使用し、作業時に2014で戸惑いを感じたくないから)。

 

 

タグ: , , , , , , , , , , , , ,

Keyshot Bridge – ZBrushとKeyShotの連携をためしてみる

2015-02-14

またYouTubeに動画で上げてみた。

今回はKeyshot Bridgeのテスト、Keyshot Bridge自体使用感は悪くない。
ただ、個人的な感想をいえば、メインで使用しているCGアプリが既にあるのであればいらないレベル。

Keyshot Bridge + KeyShot 5(最低グレード) = 11~12万前後?

そんなに ” これ(この程度) ” にお金は払えん・・・

これってZBrushの本体セットにするべきでしょ、もしくはZBrush自体にKeyShotを完全組み込みにしちゃうとか(” Powerd by KeyShot ”  的な)。

ZBrush自体が10万円前後になった今時、この価格帯で真面なレンダラー無しってありえない気がする。
ゼロから一式揃えようとしたら、静止物のCGしかできないのに(キャラクターセットアップ、最低限のアニメーション、シミュレーション機能無し)・・・

ZBrush本体 + Keyshot Bridge + KeyShot 5本体(最低グレード) = 21~22万前後

破格だな、そんな馬鹿なって感じ。

 
 

タグ: , , , , , , ,

2015.ZBrush遊び(02)

2015-02-07

ZBrush to KeyShot Bridgeを試用しKeyShot 5でレンダリングしてみた。

ZBrushでBPRボタンをクリックしてからKeyShot に結果が繁栄されるまでに多少のラグはあるが、ZBrushのモデルの再現性も高くまあまあの連携感
ただ、テクスチャ設定しているマテリアルをしているものを転送しようとすると、マテリアルを変更しBPRを押してもKeyShot上で変更が反映されない。。。
ポリペイントでは問題は無かったのだがテクスチャ設定している場合はGroups By MaterialsかSend Document Color等をオンにしてBPRを押す必要がありそうだ。
 

 

タグ: , , , , , , , , , , , , ,

ドラゴン作成リハビリ、そしてZBrushとMayaとの連携-2

昨日からの続き。

2014-06-14_A
オリジナルを残し、コピーしたものをリトポして適当にポリゴンを減らす。

2014-06-14_B
チャッチャッとUV展開。

2014-06-14_C
サブディバイドを6段階ほどかけ、適度にディティールを足す。
本気で作るわけではないので、手抜きでドバドバと凹凸をのせていく。

ある程度完成したらディスプレイスメントとノーマルを生成し、Mayaに持っていく下準備をおこなう。

2014-06-14_D
MayaにGoZを使い転送、Arnoldで状態をチェックする。

とりあえず一通りの作業を簡単におこなってみた。
雑に合計6時間程度で作成したデータだが、検証用データとしてはそれなりに十分なものと思う。

今後はこのデータを使用し、いろいろ微調整をし試してみたいと考えている。
 

 

タグ: , , , , , , , , , , ,