RSS

タグ別アーカイブ: 自動車

車を変えようと思う

最近、肉体的にも仕事敵にも精神的に厳しい状態が続き、気分転換のため「車にでもはしろうかな」っとふと思い立った。

ただ、所有していたのがポルシェ ボクスターの6速MTであったため、年齢的に辛いと感じ始めていたこともありスポーツ走行の可能なATに車を乗り換えることにした。

まずは15年弱乗り続けてきた15年落ちのポルシェ ボクスターを売らなければならない。
まずはいろいろな買い取り専門店に出張査定をしてもらい、買い取り金額を提示してもらうことにした。

とはいってもどの業者も車オークションサイト等の価格をベースに考えているので、提示金額はほぼ同じものとなる傾向にある・・・。

でもこの結果は想定の範囲内、私の狙いは2つ。

1、こういった業者さんはたいてい中古車販売もをおこなっていて、可能性としては低いが販売系列のお客さんからオーダーがあり私の所有している車種を探していた場合などにある程度査定が上がる場合がある。
これは仕入れ時に売れ残りを気にする心配がなくなるため、高額査定をしやすくなるからだ。
2、出張査定のファーストコンタクト時に仕入れ交渉担当の人柄をみて交渉のし易そうな人と後日連絡を取るようにする。

ここで最も重要なのは仕入れ交渉担当の話術に折れて直ぐに契約をしないこと。

仕入れ担当は売り手側(私)がくつもの買い取り業者とコンタクトをとっているものと想定しているため、必死にこの場で契約をとりつけてしまおうとするのだ。今落としておかないと「明日にはこの車は無くなってしまっているかもしれない」・・・みたいな。

交渉時間は当初30分前後といいつつ、どの業者も1時間前後は粘り続ける、、、私の場合は最長で1時間20分であった。

マジでかなりシンドイ。

今回は最終的に9つの業者とコンタクトをとり(2日がかり)、なんとか当初70万から始まった15年落ちの車を120万で買い取ってもらうことができた。
これは多めの業者と交渉したことで、たまたま1つの業者で私の車種と車体色を欲しがっている人がいたため交渉を上手く運ぶことが可能だったからだ。
もちろん仕入れ交渉担当者に対して人柄の見極めもうまくいったものと思う。

これで後は何を買うかだけ。

ところが、
これが全く決まらない。

当初に購入を検討していた日産GT-R(R35)の車体がバカデカく、自宅の駐車場では神業でないと収められないことが判明。
他の車種も検討しなければならなくなってしまった。

今のところは日産GT-R以外では、ポルシェ(911かケイマン)にするか、子供の頃にあったスパーカーブームの時からの憧れフェラーリ(F360モデナF1くらいのもの)に乗るか迷って全く決断できない。

それにしても、最近ポルシェやフェラーリを見ていて思うのだが、なぜGT-Rはあんなにデザインがダサいのか。
以前乗っていたGT-R(R33)もカッコイイとはお世辞にもいえるものではなかったが、今回のR35は酷過ぎる。ボディーのアウトラインはデザインに良くできているが(ボンネットと車高が高すぎるけど・・・)フロントマスクが不細工の極み。
海外でGT-Rは日本製のモンスターカーってことで”ゴジラ”と呼ばれているようが、日本人の私からすれば”モスラ”にしか見えない。

ゴジラなんだったら、せめてこんな感じにして欲しいな。
GT-R
なんてね。

あぁーっ車、何買おう。
困ったな。

 

広告
 
コメントする

投稿者: : 2015年9月22日 投稿先 趣味, 日常

 

タグ: ,

Octane Renderって、どうなん?

2014-04-30
以前から気になってはいたのだが、あまり触れてこなかったOctane Render。
そこで、今日はチョッとだけデモ版を使ってみることにした。

Octane Renderといえばリアルタイムのレンダリングといった印象があるのだが、、、
これがそれほど速くない(残念)。
しかもマテリアルパラメータを調整した印象があまりパッとせず、好感触を得ることができなかった。
きっと慣れればそれなりなのだろうが、私にはなぜだか ” しっくり ” とせずこれ以上さわる気になれず断念・・・
他にもマテリアルやパラメータをセットしたのに即時レンダリングに反映されなかったりするなど、Mayaとの親和性はあまりとられていない感触ばかりが気になった。

2014-04-30_B
やはり個人的に一般入手可能なレンダラーにおいてはV-Rayが一番使いやすく高速なものと思う。
まぁ、V-RayもMayaとの親和性においては多少微妙なところが残ってるけどね。

あと、私の大好きなArnoldはまだ個人では手を出しにくいので現時点はNG(デモ版で遊ぶしかない)・・・。
 

 

タグ: , , , , , , , ,

MayaのV-Ray v2.40.01を試してみた

2014-02-10

今度はV-Ray(DEMO版)を試してみることにした。

Softimageや3ds Maxに比べ、どうということはないが、Mayaとの相性はそれほど悪くはない。
ただし、今回の作業では3ds Maxに比べ動作が安定していないのでこまめにセーブする必要があった。

いつMaya版のV-Ray v3.0出るのだろう?
ベータ版は早くから主要なCG関連のショー等に出展され、ニュースサイトやYouTubeで見たことがあるのだが、リリース日までは報じられていない・・・
ただ、現行バージョンのv2.xシリーズでは3ds Max版のリリースからあまり間を空けず登場しているという事もあるため、今回も同様に近日中のリリースとなるかもとれない。
 
 

告知バナーGifバージョン(10sec,8fps)

 
 

タグ: , , , , , , , , ,

アーノルド坊や(Arnold Render)は人気者-パート5

2014-02-08

Maxでも移植したオリジナルデザインの車をMayaにも移植してみることにした。

SoftimageからシーンをFBXで書き出し、Mayaにインポート。
アニメーションがコンストレイント系で構成された簡単なリグに設定されているため、Mayaでも同様のコンストレインを再設定してアニメーションを引き継がせた。

その後、チマチマと30個前後のマテリアルと3つのライトをセットアップ。今回はSurfaceShaderにメンタルレイのマテリアルノードを設定し残したままとし、ArnoldのマテリアルをaiSurfaceShaderに接続するスタイルをとってみた。
こうしておくと2つのマテリアルが共存できるためレンダラーの切り替えでメンタルレイとArnoldによるレンダリングが可能となる。
おそらくV-RayとArnoldの切り替えも問題なくできると考える。
 
 

告知バナーGifバージョン(10sec,8fps)

 

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,

CG制作のヒストリーをまとめてみる

21世紀に入ってからのCG制作ヒストリーを雑誌のページ風にまとめてみた。

ALL_mini
7ページ分は隠した方がいいものもあると思うのでモザイクとした。
※きっと見る人が見ればわかると思う。
何のために作成したのかは、・・・まぁ仕事が必要な時に自分を売り込むためのもの。

個人で制作したものは問題ないものと思うので下記に表示する。

3D個人_01_mini

ZBrush_01_Mini
※左下の藤田さん(っぽい)モデルは昨年仕事でも作成したものなのだが、こちらは新たに個人で制作しなおした別もの。

ドロー系_01_Mini

作成したページは全10ページ(1ページ画像サイズは2480×3508)。
だが実際は16ページを超えるボリュームであっため、多すぎると判断し6ページ分をカットして10ページに減らした。
※カットしたのは主にステレオ3D動画制作分と、個人制作の2Dと3Dの画像と動画制作分。

こうして見えるように整理してみると、21世紀に入ってからなのに「結構いろいろやっていたんだなぁ~」っとチョッと驚く。

この21世紀に入ってからの13年間って、CGを仕事として始めてか現在まで(1988-2014)の約半分弱の期間になるのかな?
これまた衝撃・・・、もはや年数だけ見ればCG業界の”主(ぬし)”クラス。

「まだまだ若いと思っていたのに、歳月とは恐ろしい」
 
 

告知バナーGifバージョン(10sec,8fps)

 

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

もう実写と区別が・・・ 2

ほんとにフルCGなんだね・・・

市街のシーンは人の動きに不自然なぎこちなさを感じてはいたものの、もあまりの写実性にCG思いつつ確信が持てなかった。
だがこの動画を見てホッと一安心、やっぱりあの違和感は正しかったのだと本心から確信を得られた(まだチョッと半信半疑な箇所もあったりする・・・)。

それにしてもホントにCGは進化したなぁ。

ここまでいくと現実界の存在に価値観を見い出しにくくなってくるだろうな。
「現実や真実に勝るものは無い」なんて考えは無くなるかも、、、
作られたインスタントな現実でも良いものは良いし、面白いものは面白い、楽しいものは楽しいのだから。

映像界にはCGを使わず「実際に現実でやるからすばらしいんだ」なんて寝言を言う人が未だいますが、表現に関していえば完全に作り手の自己満足。
見ている人には実写だろうがCGだろうか関係なく ” 良いと思えるか思えないか ” ってことが重要なポイント。
もちろん実写でやっていて凄い、素晴らしいと感じるデキであれば当然評価する、けど「実写でやってるから凄い」っていうのはチョッとNGねぇ。

んーっ、やっぱり海外には凄い人達がいっぱいいるなぁ。
ゲームのプリレンダCGムービーでここまでいけるんだったら、期間や予算のある映画ではどこまでいけるんだろう?
この映像制作会社が作ったフルCG映画があったら是非とも観てみたいな。

 
 

タグ: , , , , ,

もう実写と区別が・・・

 
「これ」フルCGでしょ?」 凄いな。

大胆かつクールな映像はCG映像として疑って見るようにしないと、そろそろCGと実写の区別がつかなくなってきた。

「まぁ、それでもCGだってわかるけどね」・・・今のレベルならなんとか。。。
※でも、・・・カットによっては静止画にすると判断が困難になるものもある(困惑)。

3年後にはもしかすると判断付かなくなってるかも、、、怖いな。
しかし、なんじゃこの市街のリアル感。
逆光やレンズフレア等もワザとらしくなく自然に、でも強烈にバシバシとキメている・・・

現代のハードやソフトウェア等のテクノロジーも凄いのだろうが、なんといっても映像制作会社のノウハウがハンパナイのだろうな。
おそらく、ほとんどの機材やソフトは一般人が購入可能なもで構成されてるだろーし。

私も足元くらいには及ぶような人間になりたいものだなぁ(無理かな・・・)。

 
 

タグ: , , , , ,