RSS

タグ別アーカイブ: GAME

こんな時代もあったんだね

2017-07-20

Yahoo!ゲーム ゲームプラスのEGGYのコーナーでXakがラインナップされていた。

懐かしいなぁ。

私が19歳の時に企画しゲームデザイン、シナリオ、グラフィック(キャラクタ、マップ、イベントなど全般)、制作上の発案などをして作成したゲーム。発売した年は20歳だったと思う。

私が作ったのはオリジナルのPC88版で、これはMSXの移植版だね。

このゲームの企画時にはPC88のBasic+マシン語でマップエディターを作成してサンプルマップを作成したりしていた。VRシステムもサンプルマップを作成している時に奥行き感が欲しくて考案したものだったなぁ。

あぁ、懐かしい。

19歳、こんな時代もあったんだね。

 

 

タグ: ,

Playstation VRを入手

やっと入手できた。

今回カメラ同梱版は手に入れられなかったので、カメラは別途入手となった。

モーションコントローラも入手したが、正規価格の商品が全く無く中古も高騰といった異常事態。どうせ中身は一緒なんだったらと、PS3用の型落ち中古とした。とはいえ”非常に良い”、”良い”と書かれた物を2つチョイスし購入したのでほぼ見た感じは新品っぽい。でも2つとも新製品の正規価格とほぼ同額・・・信じられない。

img_1399

これで後はPS4本体があれば完璧!

…私はPS4本体を持っていません。

PS4Proが欲しいので当分PS VRでは遊べない。

 

 

 

 
コメントする

投稿者: : 2016年12月18日 投稿先 エンターテイメント, 趣味, VR, 日常

 

タグ: , , , ,

レーシングゲーム「Project CARS」がヤバイ

久しぶりにため息が出た。

「凄い」

開発しているのはイギリスのSlightly Mad Studiosという会社で、PCからコンシューマはPS4、Xbox One、Wiiという新機種オンリー仕様のハイエンド割り切りで開発を進めているらしい。

それにしてもサーキットの路面に枯葉やタイヤカスまで表現するとは驚いた。
 
 

告知バナーFlashバージョン(10sec,30fps)

 
コメントする

投稿者: : 2014年4月3日 投稿先 エンターテイメント, ゲーム, 日常

 

タグ: , , , , ,

PlayStation 4は様子見です

2013-02-23

私にはまだ凄さが半信半疑にしか感じられないPlayStation 4。

30fpsが60fpsに・・・、処理スピードは2倍だが、絵的には2倍の完成度はない。
現状ラインナップされているタイトルでは感覚的に0.5割前後のクオリティーアップくらい。

「PlayStation 3に産毛が生えた程度の画質で、処理スピードが2倍に ! 」って感じ。

まだメーカーの開発がPlayStation 3の延長線上でおこなっているため仕方がないか・・・。
今後メーカーがPlayStation 4スペックを発揮できるタイトルをリリースするまでは購入意欲は湧いてこないかな。

・スペックを最大限引き出したPlayStation 3タイトル
・まだPlayStation 3からの載せ替え程度のPlayStation 4タイトル

まだまだPlayStation 3で十分ってことだね。

それに消費電力や初期不良も気になるかな。
やはりチップや回路関係が見直された機種がリリースされるのを待つのが得策か。

でも魅力あるタイトルがPlayStation 4専用でリリースされたら少し考えるかな・・・
でも、今は無いな。
 
 

告知バナーFlashバージョン(10sec,30fps)

 
コメントする

投稿者: : 2014年2月22日 投稿先 エンターテイメント, 日常

 

タグ: ,

リアルな悪路を、ただただ走らせるシミュレータ

最近暇な時に起ち上げ遊んでいるドライブシミュレータ ” SPINTIRES ” 。
2013-11-05

 

遊ぶ際のコツは”2WD”と”4WD”の切り替えと、すべてのギアを使用する”R”と ローギアに制限してトルクを出す”A”の切り替え。
特にトルクを出す”A”は肝で、泥にスタックした際は切り替え必須となる。

このドライブシミュレータは泥と水の表現が秀逸で見ていて飽きない(個人的に)。
ただただ悪路を走るだけだが、なかなか面白い。

それなりに凝ったグラフィクスだが、エフェクト等の画質設定を最良にしても今時のPCなら難なく動作する。

 


告知バナーGifバージョン(10sec,8fps)

 
コメントする

投稿者: : 2013年11月5日 投稿先 ゲーム, 日常

 

タグ: , , , ,

GTA3 ONLONE面白そう

グラフィック、綺麗になったなぁGTA。
以前はダメダメだったのに、やっと日本人にも受け入れられる感じのクオリティーになったな。
アメリカのゲームってハード&ソフト的に表現が困難なのに無理やりリアル表現をしようとして失敗していた感があったのだが、現在のハード&ソフトのレベルが向上したことによってそのリアル思考な開発姿勢がツボにハマってきた。

だが、残念なことに現状PlayStation 3とXbox 360しかラインナップにない。

PC版はどうなる?

個人的には最近PCでしかゲームをしないのでとても残念。
以前にNVIDIAがカンファレンスで口を滑らせた ” 今秋のリリース ” は誤りでありであったということだし・・・
いったいいつ頃リリースされるのだろうか。

またPCから産声を上げたゲームがコンシューマ機優先の開発スタイル移行していってしまった。
まぁ、最悪でも来年あたりには出ると思うけどね。。。

” 同時期にPC版を出すとコンシューマが売れなくなる ” 説って、まだあるのかな?

コンシューマ機のゲームソフト市場規模が縮小傾向にある中、なぜに開発スタイルはコンシューマが優先されるのか?
開発効率でいったらのPCからのトップタウンの方がいいと思うのだが・・・、パーツ構成は最新ハイエンドパーツ限定されるがPCの方がハイスペックなはず。
それに開発だってPCでやってるんだからやっぱり何か変だ、ゲームプレイだってオンラインだったらPCの方がキーボード、マウス、ゲームバッド、ヘッドセット、Webカメラ、Etcと多種多様で操作環境は確実に快適だ。

んーん、謎。

日本ではドラクエXがPCリリースされTVCMまでしている状況。。。
恐らくコンシューマ機の行末に不安を感じ、PCに本格的に参入していこうといった考えからなのだと思う。
海外とベクトルが真逆だな日本。

一部の海外大手メーカーによるPC後回しは何を意味しているのだろう。
まっ、発売はされるので無問題なんだけどね。

 
コメントする

投稿者: : 2013年9月28日 投稿先 ゲーム, 日常

 

タグ:

もう実写と区別が・・・ 2

ほんとにフルCGなんだね・・・

市街のシーンは人の動きに不自然なぎこちなさを感じてはいたものの、もあまりの写実性にCG思いつつ確信が持てなかった。
だがこの動画を見てホッと一安心、やっぱりあの違和感は正しかったのだと本心から確信を得られた(まだチョッと半信半疑な箇所もあったりする・・・)。

それにしてもホントにCGは進化したなぁ。

ここまでいくと現実界の存在に価値観を見い出しにくくなってくるだろうな。
「現実や真実に勝るものは無い」なんて考えは無くなるかも、、、
作られたインスタントな現実でも良いものは良いし、面白いものは面白い、楽しいものは楽しいのだから。

映像界にはCGを使わず「実際に現実でやるからすばらしいんだ」なんて寝言を言う人が未だいますが、表現に関していえば完全に作り手の自己満足。
見ている人には実写だろうがCGだろうか関係なく ” 良いと思えるか思えないか ” ってことが重要なポイント。
もちろん実写でやっていて凄い、素晴らしいと感じるデキであれば当然評価する、けど「実写でやってるから凄い」っていうのはチョッとNGねぇ。

んーっ、やっぱり海外には凄い人達がいっぱいいるなぁ。
ゲームのプリレンダCGムービーでここまでいけるんだったら、期間や予算のある映画ではどこまでいけるんだろう?
この映像制作会社が作ったフルCG映画があったら是非とも観てみたいな。

 
 

タグ: , , , , ,