RSS

タグ別アーカイブ: Photoscan

フォトスキャンを久々に試してみる

iPhoneで撮影されたJpegレベルの画像でどこまで仕上がるのかを実験してみた。

今回使用したアプリはPhotoScanとContextCapture。

2017-08-11A写真左がPhotoScanで、写真右がContextCapture。

2017-08-11B今回の素材は人物背面がないので全てがスキャンできたとしても横から後側にかけてはデータは生成されない。

◆スキャン時間
・PhotoScan
遅い(精度を下げればそれなりに速くなる)。

・ContextCapture
比較的速い印象。

◆スキャン精度
・PhotoScan
本来は高いはず、だがiPhoneのJpegレベルではNG。
しかしながら素材の画質が悪くても撮影した画像を多く認識、全体をスキャンしている。ただし目の二重が曖昧で大まかにはとれるが細かいディテールは欠損している印象。

・ContextCapture
なかなかの精度、だが画質の悪い人物の左側が欠損していた。
素材の画像をあまり認識してくれず、少々素材に対してのチェックが厳しい印象。だがスキャンされたモデルはメリハリが効いていて目の二重や口元の仕上がりはいい感じに思える。

◆感想
今回のiPhoneのJpegレベルの場合の2つのアプリの印象は以下のようになった。
写真素材を多く認識させ欠損部位無しを狙いたい場合はPhotoScan。多少部位が欠損しても対象の大まかなディテールはしっかり押さえてスキャンしたい場合はContextCaptureなのかな、っと思う。

ただし、結局どちらをチョイスするにしても大掛かりなデータのブラッシュアップ作業が必要となる。

PhotoScanはノイズが多いためZBrush等で使い消さないといけないし(PhotoScanの機能でノイズを消そうとスムースをかけると必要なディテールまでもが無くなってしまう)、ContextCaptureの場合は欠損部位が発生するリスクが大きいためZBrush等で補完作業が必要となるかもしれない。

個人的に今回の2つのアプリは”現状のiPhone等のJpegレベルでは無理がある”って感じ。モデリングの資料的としリファレンスレベルに留めるか、大幅に手入れをおこなう前提のベース用のモデルとして活用する以外にないかも。

最後に、、、
今回のスキャンアプリに関する感想は素材とした画像の画質に大きく依存している結果なので、iPhoneであっても撮影環境を整備しクオリティーの高い素材を用意することができれば異なった見解となるかもしれない。

 
 

タグ: ,

3D PhotoScaning

無料のAutodesk 123D Catch と有料のAgisoft Photoscanを試してみた。

スキャンしたのは20センチ前後の身長のフィギュアで、カメラ位置の算出用に下敷きとしてカタログを配置している。
撮影に使用したのはiPhone5S。
撮影時はピンボケをしないように細心の注意をしつつシャッターを押した(ピンボケはNG)。

2014-03-19_123D
Autodesk 123D Catch は全体が溶けたようにヌルッとした感じになるが全体のシルエットしっかりとしている。

2014-03-19_photoscan
Agisoft Photoscan は精度の高さはあるものの、今回の写真の枚数では背景とキャラクターが一体化してしまっている。
もっと後ろ側に回り込むような写真が必要なようだ。

今回の簡単なチェックではどちらも良し悪しがあり、いい勝負といつたところであった。
ただし、123D Catchはネット上に写真をアップロードしAutodeskのサーバー側で計算をする形態ため、当然ではあるが情報的に問題が発生するようなものは上げることができないので注意が必要(安易なアップロードは危険)。
※Autodeskはユーザーからアップロードされた様々な写真から、プログラムがどのようにモデル生成をするのかを情報収集し今後の精度向上のためのテクノロジーに反映すべくこのサービスを無料提供しているものと考える

一方のAgisoft Photoscanはやはり有料のアプリなのでそれなりの出費を覚悟する必要がある。
※PhotoScan スタンダード (v0.9.1日本語PDFマニュアル付き)¥22,050・・・値上がりしてる
ただし、123D Catchと比較し写真枚数を必要とする傾向にはあるものの計算精度が高く設定できるため高精度なモデルの生成が可能なもののように思う。
 
 

告知バナーFlashバージョン(10sec,30fps)

 
 

タグ: , , , ,